尿 潜血 反応。 尿検査の件で質問します。尿潜血2+(以前、詳しい検査をし異常な...

便潜血反応:病院で受ける検査事典:日経Gooday(グッデイ)

尿 潜血 反応

com よく「血尿」「血便」といいますが、そうしたものは「血が混じっているのが目に見える状態」を指します。 潜血とは文字通り「血が潜んでいる」状態のことを指し、血が目に見えることはありません。 日本腎臓学会においては、血尿とは「尿に赤血球が混入した状態」のことを呼んでいます。 しかし、目に見えないからといって決して安心することはできないのが潜血です。 排泄物に血液が混ざっているということは、はっきりとした病気の症状がなくても体のどこかで異常が起きていることを示しています。 ここでは、潜血があることによって考えられる病気を尿潜血・便潜血に分けて紹介します。 com 尿潜血の検査で陽性が出た場合に多いのが尿路結石症です。 尿路とは腎臓で作られた尿が膀胱にためられ、尿管を通って体外に排出されるまでの経路のことをいいますが、その途中のどこかに老廃物がたまって結晶化する症状のことを結石症といいます。 尿路結石症は結石のできた場所によって呼び名が異なり、腎臓にできた場合なら腎結石、膀胱ならば膀胱結石、尿管ならば尿管結石と呼ばれます。 結石の成分はカルシウムやシュウ酸ストルバイトなどですが、こうした結石が尿管まで達すると腰や下腹などに「七転八倒」ともいわれるほど非常な痛みが走ります。 しかし、そのような症状はなく健康診断で潜血のみが出ることで結石の存在に気づくことも多いです。 com 腎臓は胴体下部の背中側にある臓器で、血液中の老廃物をこしとって尿として排出する機能のほか、血圧を調節する機能などが備わっている、とても重要な器官です。 この腎臓に炎症が起きるのが腎炎です。 腎炎にはいくつかの種類があり、いずれも潜血が症状として出ることがあります。 ・糸球体腎炎(急性・慢性) 糸球体とは、腎臓の中で特に老廃物のろ過を行っている部分のことを指します。 この糸球体に炎症が発生するのが糸球体腎炎です。 急性糸球体腎炎は特に幼児などの若年者に多く、血尿や手足のむくみ、発熱などの症状が現れます。 慢性糸球体腎炎はたんぱく尿や血尿が1年間以上現れ続けるものを指し、1つの病気ではなく様々な症状の総称です。 ただし、潜血が出たからといってすなわち病気にかかっているというわけではありません。 潜血は病気以外にも痔・月経血の混入・一時的なストレス・激しい運動などによっても陽性となることがしばしばあります。 また病気が発見された場合でも、自覚症状がない程度の段階ならばその後の経過観察のみで済むケースも多いようです。 このため、潜血が陽性だったからといってすぐに慌てる必要はありません。 しかし病気の可能性もあることは事実ですので、自己判断はせず必ず病院で診断をうけることが大切です。 再受診をうける際は何科に行けばいいのか迷ってしまいますが、泌尿器科や腎臓内科など、泌尿器を専門としているところを受診するとよいでしょう。 便潜血から考えられる病気.

次の

尿検査でよく潜血反応があるのですが

尿 潜血 反応

尿潜血反応検査 尿潜血とは 潜血とは肉眼では見分けられない微量の血液が含まれている場合のことをいい、尿潜血とは、尿に赤血球が混じる状態をいいます。 血尿とは 血尿とは尿に赤血球が混入した状態であり、目で見てはっきりと血液が混じっていることが確認できる状態のことをいいます。 血尿の診断は通常、尿色調の観察、尿定性・半定量検査である試験紙法による尿潜血反応、顕微鏡的検査である尿沈渣検査によって行われます。 尿潜血反応とは 尿に血液(赤血球)が混じっているかどうかを調べる検査で、尿タンパク検査同様に健康診断や外来診療の場で簡便に行われる検査ですが、非常に重要な検査のひとつです。 健康体であっても、1日におよそ2万個の赤血球が尿中に排泄されていますが、腎臓や膀胱、尿道などに異常があるとこの量が増加します。 量が非常に多いときは肉眼ではっきりわかるほどに尿の色が赤くなります(血尿)が、ごくわずかな量だとそれほど赤くなりません。 そこで、試薬の反応を利用してわずかな血液の混入を確認するのが、尿潜血反応の検査です。 尿中に血液が検出されるメカニズム 尿中に赤血球が混じるのは、主に腎臓や尿管、膀胱といった尿の通り道(尿路・尿道)になんらかの異常が起きている場合です。 それらに起きる炎症や結石、腫瘍を発見する手がかりとして尿潜血反応が用いられています。 スクリーニングのための尿中潜血反応の検査方法 尿潜血反応の検査方法には、尿色調の観察、尿定性・半定量検査である試験紙法による尿潜血反応、顕微鏡的検査である尿沈渣検査によって行われます。 尿試験紙法(定性試験) 尿潜血反応の尿試験紙法による尿潜血反応は血尿のスクリーニング検査であり、尿の中に赤血球がある場合には試験紙が変色します。 簡便に検査できるので、尿潜血の一次検査に用いられますが月経、激しい運動、性行為などにより血尿陽性となる場合も多いので、再検査を行い陰性であれば精査は不要とされます。 尿沈渣検査法(定量試験) 尿潜血反応の陽性の場合には尿中赤血球数算定のため確認試験が必要となり、一般的に顕微鏡による尿沈渣検査がおこなわれます。 尿沈渣検査法とは遠心機で尿中の成分を沈殿させた後に顕微鏡で観察する検査方法です。 尿沈渣検査は尿潜血反応陽性の確認のほか、円柱の有無、赤血球の形態などの情報も得られるので、血尿の原因が糸球体性か非糸球体性かの鑑別に有用です。 また上皮細胞の異型性についても注意を払い必要がある場合は尿細胞診検査を行い腫瘍細胞の有無を確認する。 尿沈渣検査法(定量試験) 尿沈渣検査法の遠心機で尿中の成分を沈殿させた後に顕微鏡で観察する検査方法です。 400倍に拡大した顕微鏡で見える範囲(1視野)に赤血球が何個あるかで数値を示します。 1視野に5個以上の赤血球がある場合を、血尿としています。 検査がやや面倒になりますので、試験紙法で尿潜血が陽性であった場合の2次検査として用いられます。 尿潜血反応検査の目的 尿潜血反応が認められる場合、腎臓から尿道までの尿路のどこかで出血していることになります。 もっともこの症状を示す病気や障害は色々あり、これだけではまだ病気の特定もできませんので、内科で精密検査を行います。 尿潜血反応の基準値 尿試験紙法では陰性(-)が正常値となります。 健康な人でもわずかに赤血球が尿中に出ることがありますが、試験紙の判定ではほとんどが陰性になります。 尿中尿潜血反応が陽性(高値)となった場合に考えられる疾患 ・腎臓…急性、慢性腎炎(糸球体腎炎、ループス腎炎など)、腎結石、腎腫瘍、遊走腎、腎外傷、のう胞腎など。 ・尿管…尿管結石、尿管腫瘍など。 ・膀胱…膀胱炎、膀胱結石、膀胱腫瘍など。 ・その他の泌尿器系…前立腺炎、前立腺がん、尿道炎など。 ・その他泌尿器系以外…白血病、溶血性貧血、心筋梗塞、筋ジストロフィー、筋損傷、重症の火傷、発作性寒冷血色素尿症など。 この検査方法の場合、大量のビタミンC(アスコルビン酸)が尿中に存在すると、偽陰性(実際は陽性でも陰性になってしまう)になることがあります。

次の

尿潜血の基準値は?【尿潜血+】陽性の原因と改善方法!

尿 潜血 反応

スポンサーリンク 尿検査で潜血反応が出ても普通の色 健康診断などで見つかる血尿のほとんどが一過性。 血尿といっても潜血反応が出ただけで、色がついていない普通の黄色いおしっこの場合が多いのです。 しかし、こういった血尿は「顕微鏡的血尿」といわれ、わずかな異常が重大な疾患のきっかけとなることがわかってきました。 とくに「膀胱がん」の発見には、効果を発揮します。 顕微鏡的血尿が検出された40代以上の喫煙男性のうち、5人に1人は膀胱がんといわれています。 自宅で尿検査を行うのであれば、尿の試験紙は調剤薬局で購入が可能です。 1枚あたり100円程度で買うことができます。 月に1回程度で検査をするとよいでしょう。 尿検査の潜血反応に重大な病気が潜む 尿検査で潜血反応が出ているにもかかわらず、体質のせいにしてしまうのはNG。 採尿は採血と違って体の負担が少ないぶん、尿検査の結果をあまり重要と考えない傾向があります。 しかし、潜血反応のわずかなサインに重大な病気が潜んでいるのです。 尿検査の潜血反応による再検査は、検査のやり直しという意味ではなく「精密検査」といってもよいものなのです。 なお、自宅で試験紙で尿検査して潜血反応が出たとき、病院での精密検査の費用は保険の適用範囲内。 腎臓内科や泌尿器科で受診可能です。 一般内科などでは、精密検査を受けられない場合もあるので注意しましょう。 スポンサーリンク 尿検査の潜血を軽く考えて膀胱がん 尿検査の潜血反応を軽く考えたために、膀胱がんを見逃した例もあります。 それまで年2回の健康診断を欠かさず受診してきた62歳の男性。 14年前、職場の尿検査で色は普通にもかかわらず、潜血反応が出たといわれたのです。 すぐに病院で診察を受けましたが、医師の診断は少し様子を見るというものでした。 そして1年後、尿検査で再び潜血反応が出ます。 しかし、この男性は疲れや寝不足による血尿が出たと判断。 病院を受診しなかったのです。 その2年後、膀胱がんが発見。 すでにがん細胞が膀胱の内側いっぱいに増殖していたため、緊急手術を受けることになりました。 このように、尿検査の潜血反応に重大な病気が隠されていることがあるのです。 尿検査の潜血は急性腎炎が原因だった 尿検査の潜血反応が出ても病院に行かなかったために、急性腎炎で救急車で運ばれた症例もあります。 74歳の男性は5年前、健康診断の尿検査で初めて潜血反応が出ました。 しかし、潜血反応といっても尿の色はふだんと同じです。 それまで元気だっただけに深刻に考えず、男性はすぐには病院には行きませんでした。 しかし、尿検査の潜血反応が出てから1か月後、男性は救急車で病院に運ばれてしまったのです。 原因は急性腎炎でした。 腎臓の組織の写真を見ると、血管が破れて出血した部分が見られたといいます。 結果的に腎機能が大幅低下した男性は、人工透析を受けることになりました。 週3日ほど血液のろ過を行う生活を余儀なくされたのです。

次の