街コン 1人 参加。 一人参加可能の学生コンとは?

街コン1人参加の感想・行ってみて分かった参加しているのはこんな人

街コン 1人 参加

婚活イベントの一つとして人気の街コンは、基本的に2人1組で参加するものだといわれています。 実際、多くの街コンは2人1組で参加申し込みを行います。 その理由は2人1組で参加することによって、参加者にメリットがあるからではないでしょうか。 しかし、友達と予定や嗜好が合わないなどの理由で街コンに1人で参加するということもあるでしょう。 そんなニーズを反映してか、実際に1人参加が可能な街コンも存在します。 今回は、街コンに2人1組で参加することのメリットを知った上で、1人参加の場合はどのようなことに気をつけるべきかを紹介します。 街コンに2人1組で参加することのメリット まずは、街コンに2人1組で参加することのメリットを考えます。 お互いをフォローしあえる 街コンで気になる異性を見つけても、どう話しかけたらよいか分からない、自分の魅力をうまく伝えられないという方も多いかと思います。 そんな時には、一緒に参加する友人にフォローを頼むと、あなたのことを紹介してくれたり、言葉につまってしまってもその場を上手く繋いでくれたりということが考えられます。 もちろん、あなたが友人のフォローをするということもあるでしょう。 1人より2人組の方が話しかけやすい 多くの街コンが2人参加になっているのは、1人でいる時より2人でいる時の方が話しかけやすい、ということが考えられます。 2人で話をしている状況を見て「楽しそうにしているな、ということは話しかけても反応してくれるかな」と思われ、話しかけやすい状態に見えるのではないでしょうか。 1人参加の街コンで気をつけたいポイント それでは、これらを踏まえた上で、1人参加の街コンで気をつけたいポイントを紹介します。 積極的に話しかける必要がある 1人で街コンに参加する場合、会話が途切れてしまったり、上手く自分をアピールできなかったりといった状況でも、フォローしてくれる人はいません。 そのため、 2人参加の街コンの時よりも積極的に行動し、気になる参加者に話しかける 必要があります。 話しかけやすい雰囲気を作る 先ほど触れましたが、2人組でいると「楽しんでいるな」と思われ、話しかけられる可能性があります。 そのため、1人で街コンに参加する際には、1人でいる時にも笑顔を意識し「この場を楽しんでいます」という雰囲気を醸し出せるとよいでしょう。 会話が途切れてしまうのが心配な場合はこうしよう とはいえ、1対1の会話ではどうしても会話が途切れたり、上手く盛り上げられないといったことが起こります。 そんな状況を防ぐために、こんな風にしてはいかがでしょうか。 自分の魅力を引き出せる街コンを選ぶ 街コンを選ぶ段階で、自分の馴染みのある街を舞台にした街コンや自分の好きな料理を提供するレストランが協賛している街コンなど、 自分の魅力を引き出せて、自然に会話が続きそうなシチュエーションを選びましょう。 気負いすぎない あまり気負いすぎると緊張のあまり上手く話せない、ということもあります。 「この街コンは、たくさんある婚活イベントの一つ」と考えて気負いすぎないようにしましょう。 笑顔を意識する もし、街コンで会話が途切れてしまった時には、口角を上げてニコッと微笑みましょう。 笑顔が嫌いという人はまずいません。 会話が途切れてしまってもあなたが笑顔であれば、相手に「機嫌が悪かったり、会話に飽きたわけではないんだな」ということが伝わりますので、気まずい雰囲気は避けられるでしょう。 まとめ 今回は、1人で街コンに参加する際のポイントを紹介しました。 1人で街コンに参加するのは緊張することもあるかと思いますが、気負わずに楽しく過ごすことを心がけ、素敵な出会いのきっかけをつかんでください。 また、Premiere(プレミア)では、ワンランク上のワインや日本酒を楽しめる独身者限定イベントを開催しています。 当ワイン会・日本酒会は1人参加の方も多く、また1ヶ月に数回開催していますので、ぜひ気軽な気持ちで参加し、交流を深めていただければと思います。 興味のある方は、下部リンクからご登録ください。

次の

街コンで本気の出会いを探すなら1人参加?2人参加?メリットを比較

街コン 1人 参加

一人参加の街コンはイベント内容次第では最高の結果になる! 街コンに一人で参加しようと思っている方は、誰かに知られたくない!や一緒に行く相手がいないといった方が多いと思います。 街コンのイベントのほとんどは、2人一組で参加するのが条件になっていますが、ここ最近1人参加OKな街コンが増えてきています。 実際に、一人で参加する人も多く、一人参加の場合参加人数も20〜30人前後で開催されるので、お目当ての人に出会うことができれば、しっかりと相手に自分をアピールすることができます。 一人街コンは、相手に覚えてもらえる確率が高い! 街コンの多くは、100人規模で行われることが多いため、「誰と話したのか」や「誰の連絡先」だったのか分からなくなることが多いです。 そんな中、一人街コンの場合、小規模で行われるため自分を相手に覚えてもらうには、非常に効率が良く、彼氏&彼女ができる確率が高まります。 一人街コンのイベントに参加するなら、「男女比率重視」と「初心者向け」を選ぶと良い! 街コンに一人で参加するなら、イベント内容をしっかりチェックしてください。 特に重要視しなければならないのが、「男女比率への配慮」と「初心者向け」かどうかになります。 男女比率が均等のイベントを狙うことで、確率アップ 一人街コンの場合、男女比率が均等にならないこともまれにあります。 その際は、イベントが中止になることもあるのですが、そのまま実施してしまうイベントもあるため、必ず「男女比率を均等に調整します。 」的な文面があるかどうかを確認してください。 ここを抑えておくだけでも、一人街コンに参加し、良い人ろ巡り会える確率が上がります。 街コンに一人で参加するなら、「初心者向け」がおすすめ 一人で街コンに参加する場合、不安が沢山あると思います。 それは、みんな同じですので、ここでリーダーシップが取れれば、相手に好印象を持ってもらえる可能性があります。 もちろん、いきなり参加してリーダーシップを取ることは非常に難易度が高いため、少しづつ慣れていく必要があります。 一度慣れてしまえば、自分のペースに話を持っていくことができるため、最初の一回目で良い人と巡り合えるとは考えずに、何度かチャレンジする気持ちでいることが大切です。 最初のポイントは、席についたら、「初めまして。 」や「どこから来たのですか?」など定番な言葉をかけてあげるだけでも印象が変わりますので、最初の一歩を勇気を出して言うことがポイントです。 一人街コンでの注意点! 一人街コンでは、自分を相手に覚えてもらえる確率が高いため、非常に人気の高いイベントになっていますが、注意点もありますので、ご紹介したいと思います。 では、実際にどんな一人参加OKな街コンに参加するといいのか事例を紹介したいと思います。 街コンジャパンにある一人参加OKで初心者にもおすすめな恋人が見つかるイベント まず、街コンサイトで一番有名な「街コンジャパン」で探したいと思います。 このサイトを選んだ理由としては、私自身このサイトを使って結婚まで行くことができた事例と、2011年から5年も運営している実績があるためです。 街コンジャパンにアクセスしたら、地域を選択してください。 その後、少し下に条件変更というボタンがありますので、そこから検索条件を変更します。 条件には、ジャンルを「街コン、恋活パーティー」こだわりを「1人参加オススメ」この4つにチェックを入れて検索します。 恋活パーティーにチェックした理由は、恋人が欲しい人が集まるイベントを探せるため、こちらからガツガツいかなくても、相手から積極的にアプローチが来ることがあるので、話が苦手な方でも相手から会話をしてくれる事が多いためです。 ここからが一番重要です。 一人で参加するなら、募集人数は60〜80名あたりを選ぶ 一人で参加するのなら、参加人数を極力抑えているイベントに参加することです! 大人数の街コンに一人で参加するのは、少し敷居が高く、行っても誰とも話せずに終わってしまったなんて事になる可能性があるため、まずは少人数の60〜80名あたりを募集しているイベントを探すことです。 参加人数は、イベント内容の下の方に書かれている事が多いので、最後までスクロールして確認する事ができます。 イベントの内容は、「グループトーク」「男女比が1対1」で運営している事! 次に大切になってくるのが、イベントの内容です。 一人参加でおすすめなイベント内容は、「グループトーク」や「多くの異性とお話ができる体制がある」や「男女比にこだわり」的な事が書かれたイベントを探すことです。 グループトークで進める街コンの場合、多くの異性と会話できるチャンスがあり、最初受付を済ませると、指定の席に着席してイベントがスタートします。 そこの席で同性同士がグループになり、一人参加でも自然とグループを作ることができます。 その後、時間がくると別の異性のグループと入れ替わり、多くの異性の方と話す機械がありますので、必ず話をする機会が設けられているため、とても楽しくイベントに参加することができます。 そして、街コンのイベントでは、男女比にこだわりをもって運営しているところがほとんどですが、稀に男女比が均等ではない事がありますので、イベント内容に、男女比が1対1になるような記載がある事が書かれいるかどうかをチェックしてください。 イベントの参加は2〜3週間前から申し込み! 街コンのイベントは、すぐに満員になってしまうことが多く、調べてみたらもう締め切りしているなんて言ったことが多くあります。 多くは、男性の方が先に埋まってしまうので、男性の方なら前もってどんなイベントがあるのか調べ申込みをしておくといいでしょう。 イベント側も1ヶ月〜2ヶ月前に募集を開始しますので、行きたいイベントがあったらすぐに申し込みをしておくことをオススメします。 もし、募集人数に達しなかったり、男女比率が1対1にならなかった場合中止になり、返金してもらえますので、事前に2〜3つほどイベントに申し込んでおくと安心です。 上記の条件をまとめると、• 参加人数は、60〜80名• イベント内容は、「グループトーク」「男女比が1対1」• 申込みは、2〜3週間前に済ます この条件になっているイベントを探すことで、一人で参加しても異性と会話でき、恋人ができる可能性が高まります。 そして、皆さんが一番気にしているのが、カッコイイ人やカワイイ人で出会えるのか?が気になるポイントだと思います。 街コンには、「カッコイイ男性」「カワイイ女性」がいます! 色々なサイトには、正直微妙だったや全然「カッコイイ男性」「カワイイ女性」がいなかった!などのコメントや記事が書かれていますが、実際には理想な異性が見つかります! 街コンに一人で参加する人の多くは、恋人を見つけようとしていることを周りに知られたくないや、異性との出会いが少ない方などが多いため、出会いを求める人が集まるイベントに参加します。 その中には、合コンや誰かに紹介されると後々友人関係で面倒な事に巻き込まれたくないなどが理由で、街コンで全く知らない人と巡り会いたいといった方もいますので、理想な異性と会える可能性があります。 街コンは、最低でも3回以上行くことが大切! 確かに自分の理想とはかけ離れた、異性と街コンでは巡り合うこともあります。 しかし、それは合コンでも同じことで、こればかりは何回もチャレンジしていけば、必ず自分の理想の人が見つかります。 ですので、初参加や一回目で理想な人と巡り合えるとは考えず、何度もチャレンジして会話にも慣れ、異性を見つけるのが大切です。 最低でも3回以上行く事で、街コンがどんなイベントなのか、どんな人が参加しているのかがつかめると思います。 街コンなら、毎週必ずどこかでイベントが開催されていますので、自分のスケジュールと相談しながら決められるのが良いところです。 まとめると一人参加の街コンでも必ず楽しめます! 私自身、街コンには何度も参加しており、大人数のものから少人数のものに参加し、グループで参加したり一人で参加したりしましたが、結果的に一人で参加したほうが、相手に気を使わなくてもいいので、自分自身を思いっきりアピールすることができました。 もちろん、2人1組で参加して、お互いを煽てるなど作戦を考えながらやるのもありですが、周りにバレたくない方も多くいますので、そんな方は一人参加の街コンに参加して、恋人を見つけるのがいいと思います。

次の

街コン1人参加の感想・行ってみて分かった参加しているのはこんな人

街コン 1人 参加

基本的に僕が話しているのは、一人参加の人は立食街コンに参加してはいけないということ。 一人参加の方は着席型の回転寿司方式の街コンに参加したほうが良いというのが僕の考えです。 しかし中には一人で立食街コンに参加してみたいという方もいるのではないでしょうか? 今回は一人で立食街コンに参加してみたいという方に向けて、一人で立食街コンに参加した際の立ち回りについて話そうと思います。 始めに僕の自己紹介をしておくと、街コンに費やした金額20万円以上で街コン参加が趣味の寂しいサラリーマンです。 そんな僕が街コン参加の中で培ったノウハウを本記事で紹介していけたらなと思います。 本記事の内容を行うことで立食街コンに一人で参加しても十分に楽しむことができるようになるでしょう。 立食街コンとは 知っている方は読み飛ばしてもらっても大丈夫ですので、始めに立食街コンとはなんぞや?というところから話します。 立食街コンでわかりやすいのは立食パーティです。 ホールに100人以上の男女が集められて、自由に会場内を移動して会話を交わすというものです。 人口密度が高く、周りの声が聞こえてくるのでゆっくり会話ができないのが悪い点で、イベント終了後はまるでディズニーランドに行ったかのような疲労感です。 冒頭の通り「一人参加の方」や「街コン初心者の方」、「会話があまり得意でない方」にはお勧めできません。 しかし立食パーティにもメリットは存在します。 それは会場内を自由に探索できるので、 気に入った人とのみ会話することができる点です。 回転寿司方式の街コンだとそうはいかず、あんまり好みじゃない子、愛想が悪い子とも等しく同じ時間会話をしなければなりません。 よって、 立食街コンはがつがつ話しかけられる積極的な人におすすめの街コンと言えるでしょう。 一人で立食街コンでの立ち回り 一人で参加した際の立食街コンの立ち回りで 一番大切なことは相方選びです同じく一人で参加している方に声をかけて相方を見つけてください。 相方に選ぶ条件は、自分と気が合いそうな人がいいと思います。 言い換えるなら、自分と似ている人や似た雰囲気を持つ人が相方にぴったりです。 これは少しだけ性格が悪いですが、自分とは似た雰囲気だけど自分よりも少しだけ劣っているという人を選ぶのもコツの一つです。 (例えば顔が劣っているや話が下手等です) 女性側は二人の男性を見比べたときに無意識的に比較を行います。 自分よりも劣った人間を並べておけばその比較において有利になります。 一人で立食街コンに参加した際の相方の必要性について 相方の必要性について話しておくと、基本的に1:1の会話を成立させる必要があるからです。 このようなイベントにおいて女性はほとんどの場合友達と参加しています。 そのような状況で一人で行動した場合、僕:女性2人のような形で会話を行う必要があります。 1:2で会話を行うのは相当難しいです。 常人にはそれを行うことは無理だと悟った僕は相方選びを最重要事項として立食街コンへ参加しています。 そもそも二人一組の女性に対して話しかけると、「えっ?」みたいな反応をされます。 恐らくですが会話の輪の男女比を女性側も気にしているからでしょう。 それもそのはずで男女比1:2の輪で会話をした場合、一人余ってしまいその一人は時間を無駄にすることが明らかとなっているからです。 一人で立食街コンに参加した際の注意点について 注意点としての記事で紹介していますが、一人参加している男性には勧誘目的で来ている人間が多くいることは忘れないでください。 しかし上の記事では勧誘目的の人間は害悪だと話していますが、相方選びに限っては話が別となります。 なぜならば勧誘目的で来ている人間は基本的に話しやすくコミュニケーション能力が高いからです。 場を和ませ、自分が会話に入れていないときは話を振って場を回してくれます。 一人で立食街コンに参加している場合は、イベント内では確実に仲良くしたほうが良いです。 イベント終了後、よくわからないイベントに誘われたら無視をすればいいだけです。 最後に 本記事のまとめです。

次の