結婚できない男 早坂。 阿部寛「まだ結婚できない男」最終回を前に高まる“早坂先生”待望論!

まだ結婚できない男で夏川結衣や国仲涼子がいない理由が驚きだった!

結婚できない男 早坂

『結婚できない男』の早坂夏美とは? アラフォー独身女性で、休日はネカフェで読書、パチンコ、岩盤浴、ラーメン屋など、1人できることばかりしています。 美人で、桑野とは違って社交性もあるのに、なぜか 「結婚できない女」。 桑野(阿部寛)とは、急患としてみちる(国仲涼子)に伴われて運ばれて来たのがきっかけで知り合いました。 恋愛ににはオクテ 夏美には過去に結婚を考えた人がいたのですが、その時は仕事がしたいと思っていて、そのことを相手に伝えた途端にギクシャクして 破局。 それ以来、夏美は例えるなら 「車庫入れした車状態」で恋愛を出来ずにいました。 そんな夏美も「車庫から出て、恋愛しようかな」と決意しますが、桑野は「もうさびついてるかもな。 四捨五入すると40だろう? 」と怒ると「あー年より若く見えますよ」と桑野。 今だったら、完全なセクハラ、モラハラ発言です。 ルックスが良くても、転職を繰り返すような地に足のついてない人は好みではありません。 桑野は性格は偏屈だけど仕事は真面目なので、 この点では夏美の好みだったのかも? さらに 「その男の人が何を考えているかちゃんと理解できること」。 この点では、 掴みどころがない桑野は失格? それでも夏美は、少しずつ桑野を理解しようとします。 桑野とは一筋縄ではいかず 夏美のことが気になって仕方がない桑野は、たびたび仮病(? )で夏美の診察を受けに行きます。 お互いに素直じゃない性格が災いして、いつも言い合いに。 しかし桑野は、夏美の言うことなら案外聞き入れたりします。 ・「ポリシーの合わない客の家は作りたくない」と言う桑野に、夏美は「どんな患者さんとも向き合います」。 ・夏美がストーカー被害に悩むみちる(国仲涼子)の送り迎えを頼んだり、ミチルの犬のケンの世話を頼んだ時。 桑野に対抗して見合いをする? アラフォーの夏美のところには、父親から見合い話がしばしばやって来ます。 ずっと断り続けていた夏美ですが、桑野に若い彼女が出来たのを目撃してショックを受けます。 この時の桑野も夏美に 超失礼で…… 夏美:「桑野さんがあんな若い子と付き合うなんて意外」 桑野:「男は女がどんなに若くても大丈夫なんですよ」 夏美:「そういえば娘みたいな年齢の子と結婚する男性っていますよね。 その逆はないのに。 ずるい」 桑野:「若い子はいいですよ、人が言うことにいちいち茶々入れたりしないし」 夏美:「すいませんねえ、素直じゃなくて」 桑野:「 あなたも70ぐらいの爺さんからしたら、若くて可愛いのかも」 カチンときた夏美は、勢いで見合いを受けてしまいます(そりゃそーだ)。 やっぱり恋愛がしたい そして迎えた見合いの日、夏美は相手に丁重に謝罪。 「ごめんなさい、 私やっぱり恋愛したいんだと思います。 ただ結婚したいんじゃなく恋愛したいんです。 いい年をして変ですか? 」 その夜、桑野が夏美に電話して「見合いどうでしたか? 」と聞いてきます。 夏美は、桑野が彼女がいると嘘をついたことへの腹いせに「上手く行きました、結婚します」と嘘をつき返します。 気の早い桑野はさっそく結婚祝いに高い食器を買おうとして、夏美に止められます。 夏美から結婚が嘘だと聞いた桑野は「 わからないなー。 45歳初婚の男に断られたのがそんなにショックですか? 」とまたしても酷いセリフ。 ミチルには「思い過ごしなんじゃないのか? 」と憎まれ口を叩きつつ、警官には「(恐怖に怯える)女性の気持ちを理解しろ」と大説教! ミチルは桑野が何を考えているのかすっかりわからなくなりますが、 夏美は「(桑野は)心で思っていることと表に出すことが違っている場合が多いのよねえ」と桑野を正しく分析します。 しかし夏美がわかるのはここまでで、ここから先の桑野の本音はわかりません。 恋のライバルが2人 桑野と夏美がなかなか進展しない中、 夏美に恋のライバルが2人も現れます。 そう、意外にも桑野はモテ男なんです。 1人目は、桑野の仕事仲間の沢崎摩耶(高島礼子)。 第10話で沢崎が桑野を好きなことに気付いた夏美は、激しく動揺。 それなのに沢崎に「桑野さんの気持ちを確かめるために、ヘッドハンティングの話を受けると言ったらどうですか? 」と2人をわざわざくっつけるようなことを提案( 夏美はけっこうあまのじゃく)。 沢崎はその通りにしてみますが、桑野の気持ちは沢崎を仕事のパートナーとしてしか思っていませんでした。 沢崎は、転職せずに今後も桑野の仕事のパートナーでいることを決意。 2人目は、桑野のマンションの隣人・ミチル(国仲涼子)。 ミチルは最初は桑野のことが苦手だったのに、(ミチルに付きまとう)ストーカーをかっこよく撃退した桑野を見た瞬間に好きになってしまったのです。 ミチルに「私の気持ちを桑野さんに伝えてください」と頼まれた夏美は、メッセンジャー役を引き受けてしまいます。 このように夏美は、 気持ちとは裏腹な行動ばかり取ってしまうんです。 最終回は、仲間が気を利かせて桑野とミチルを2人きりにします(atミチルの部屋)。 しかしミチルに呼ばれた夏美がやってきて、いつものように桑野と口論を始めます。 ミチルは、憎まれ口を叩き合う2人に我慢できずに机をバンと叩きます。 「あの~、人の家で痴話喧嘩しないでもらえます? どう見たって 恋人か夫婦の痴話喧嘩です。 犬も食わないってやつです。 私の家で私がいないみたいな喧嘩しないで!」 その後、吹っ切れたミチルが夏美を呼び出しました。 「今から思えば、なんだかんだ言っていつも桑野さんの話をしていたし、文句言いながらも桑野さんと会ってたし。 桑野さんと沢崎さんがお似あいなんじゃって言った時や、あたしが桑野さんのこと好きって言った時もそういや動揺してましたもんね、好きなんでしょ? うまくいくといいですね、ポジティブシンキングー!」 遂に夏美が動き出す ミチルに背中を押された夏美は、桑野に「私の家を作ってください」と頼みました。 明るくて開放的で、人がいつも集まるような。 夏美:「考えてみれば、私たちの会話ってキャッチボールじゃなくドッジボールばかりだった気がします。 相手に当てて終わり」 桑野:「うまいこと言いますね」 夏美:「 わたしはキャッチボールがしてみたいです、あなたと。 ボールは投げました」 夏美『私はキャッチボールがしてみたいです。 あなたと。 、、、ボールは投げました」 ボールは投げました、って名台詞だなあ。 — K2o hxIOKecZ2HvvTOR この夏美のセリフ、ステキですよね~。 桑野がプロポーズ? 後日、桑野が夏美の診察にやってきました。 夕べ夏美の住む家を設計しようとしたけれど、出来なかったとのこと。 桑野:「今まで他人の住む家ばかり設計してきたけれど、自分や自分の大事な人が住む家はどうしても設計できない。 その理由は、明るくて開放的な家に自分が住んでいるのがイメージできないから」 夏美:「今、自分が暮らすとおっしゃいました? 」 桑野:「言いました、 僕はずっと結婚なんかしないと思ってきましたからね。 めんどくさそうだし、メリットないじゃないですか。 ひとりの方がいいって。 でもあなたと出会って、話し相手がいつもそばにいるのもいいかなあって。 ダメですか、僕じゃ? 」( おお!プロポーズ? ) 夏美:「いいかもしれません」( 感激!) 桑野:「いや、ああ!嬉しいなあ! 結果的に結婚はできないですからね」 夏美:「え? 」(耳を疑う) 桑野:「結婚できないと」 夏美:「ちょっと話が見えなくなってきましたが」 桑野:「自分が自分の大事な人と暮らす家のイメージが見えない、作れそうにない、さっきそう説明したでしょう? 」 夏美:「 家なんかいらない!賃貸でもいいじゃないですか!」 桑野:「僕は理想の形にこだわる主義なんですよ! 理想の家のイメージがわかない限り結婚できない、そう言ってるんです!」 夏美:「結局あなたは自分のことばかりじゃないですか!もう知りません!」 桑野:「ややこしい女だ!」 『まだ結婚できない男』に早坂夏美は登場しない? まだ結婚できない男見たいけど、桑野が夏美さんと破局してるのがショック過ぎて無理っぽい……12話かけて交際までいったアラフォーカプに最終回で拍手喝采した身としては、しんどい。 夏美さん大好きだった…最終回あたりだいぶ桑野賢くなってたのに…前作ファンの気持ちわかって— なみ🐖 n485670 どうして夏美先生とうまくいかなかったんだ。。。 — kkm34 kutti55 前作の最終回でやっと「付き合う? 」なところまで行った桑野と夏美ですが、 なんと『まだ結婚できない男』に夏美は登場しないようです。 桑野と夏美が別れた理由 桑野と夏美が別れた理由について、阿部寛さんが「ザ・テレビジョン」で以下のコメントをしています。 続編の企画は前にも出たことはあるんですが、13年経ってまさかこのタイミングでやれるとは思ってませんでした。 桑野がまだ独身という設定は…まあ、そうだろうなぁと 笑。 前作はハッピーエンドだったけれど、結局別れただろうなと思っていました。 でも、不幸ではない別れ方で、今でも夏美のことはいい感じに思っているんじゃないですかね。 普段は毒を吐く桑野だけれど、心根は優しい男だから、僕も共感出来ます。 不幸ではない別れ方と聞いて、ちょっと安心。 桑野と結ばれなかったのは残念だけど、夏美先生が誰かいい人と結婚しているといいな~。 「TV station」にも情報がありました。 前作は夏美と交際しそうな雰囲気で終わるも、桑野の偏屈さが変わらず、彼女に愛想を尽かされたよう。 これも再放送が1番面白い続編あるあるパターンかな。 確定ではないが、お金持ちと結婚したらしい?というのは衝撃でした。 — ハット hatandA1230 『まだ結婚できない男』1話で、早坂夏美がお金持ちと結婚したらしいことが判明しました。 もしかして、その金持ちとは金田でしょうか? 桑野がどのように早坂と愛を育んで、どうしてフラれたのか具体的に知りたいところですよね~。 今後も、新情報が入り次第追記します。 『まだ結婚できない男』早坂夏美ポジションは? 『まだ結婚できない男』の早坂夏美ポジションは、おそらく…… 吉山まどか(吉田羊)だと思われます。 『まだ結婚できない男』早坂夏美不在はイタイ? まとめ 『まだ結婚できない男』の元カノ・早坂夏美(夏川結衣)についてまとめました。 回想シーンでもいいから、登場してほしいです。

次の

「まだ結婚できない男」桑野の元カノ・早坂夏美とは?桑野と別れた理由をネタバレ!

結婚できない男 早坂

はじめまして! 今までROMだったのですが、トピに初カキコです。 第6、7話から夏美先生の表情が豊かになった感じがします。 桑野さんから「逢いたいのに理由がいりますか?」って言われて変わるあたりはちょっと・・夏美先生キュンって来たな!って思いました。 また金魚を無事Getした桑野さんに「この子のためにもう一匹取って」って言われた桑野さんの表情にも変化あり!と思ったし夏美先生の言い方も少し変化があるかな?って思いました。 自分は今日CMをみて知りました。 taisho. が、敢えていくつか選びます。 ・ 診察室でマンションのカタログを「これ早坂先生のですか?」と問われて「んーんん。 」と微妙な返事をするところ。 ・ 信介に達川邸データを奪われ逆上して「卑怯ものー、あけなさいよー。 」とドア越しに叫ぶところ。 ・ お好み焼き道頓堀で、信介に「しようのないひとです、あなたは」と言うところ。 ・ 麻耶さんの件で、診察室前の廊下で、信介に「こんなこと、言うだけでも、大サービスなんです」と言うところ。 ・ お台場のお化け屋敷のチケット売り場で「おとなにまい」と言うところ。 ・ 最終回のラスト近くで「きてください、どうしても」に「はいっ」と答えるところ。 このドラマの魅力のかなりの要素は、夏美さんの人物像の魅力だと思います。

次の

まだ結婚できない男で女医さんは?早坂夏美先生の現在に迫る!

結婚できない男 早坂

『結婚できない男』の早坂夏美とは? アラフォー独身女性で、休日はネカフェで読書、パチンコ、岩盤浴、ラーメン屋など、1人できることばかりしています。 美人で、桑野とは違って社交性もあるのに、なぜか 「結婚できない女」。 桑野(阿部寛)とは、急患としてみちる(国仲涼子)に伴われて運ばれて来たのがきっかけで知り合いました。 恋愛ににはオクテ 夏美には過去に結婚を考えた人がいたのですが、その時は仕事がしたいと思っていて、そのことを相手に伝えた途端にギクシャクして 破局。 それ以来、夏美は例えるなら 「車庫入れした車状態」で恋愛を出来ずにいました。 そんな夏美も「車庫から出て、恋愛しようかな」と決意しますが、桑野は「もうさびついてるかもな。 四捨五入すると40だろう? 」と怒ると「あー年より若く見えますよ」と桑野。 今だったら、完全なセクハラ、モラハラ発言です。 ルックスが良くても、転職を繰り返すような地に足のついてない人は好みではありません。 桑野は性格は偏屈だけど仕事は真面目なので、 この点では夏美の好みだったのかも? さらに 「その男の人が何を考えているかちゃんと理解できること」。 この点では、 掴みどころがない桑野は失格? それでも夏美は、少しずつ桑野を理解しようとします。 桑野とは一筋縄ではいかず 夏美のことが気になって仕方がない桑野は、たびたび仮病(? )で夏美の診察を受けに行きます。 お互いに素直じゃない性格が災いして、いつも言い合いに。 しかし桑野は、夏美の言うことなら案外聞き入れたりします。 ・「ポリシーの合わない客の家は作りたくない」と言う桑野に、夏美は「どんな患者さんとも向き合います」。 ・夏美がストーカー被害に悩むみちる(国仲涼子)の送り迎えを頼んだり、ミチルの犬のケンの世話を頼んだ時。 桑野に対抗して見合いをする? アラフォーの夏美のところには、父親から見合い話がしばしばやって来ます。 ずっと断り続けていた夏美ですが、桑野に若い彼女が出来たのを目撃してショックを受けます。 この時の桑野も夏美に 超失礼で…… 夏美:「桑野さんがあんな若い子と付き合うなんて意外」 桑野:「男は女がどんなに若くても大丈夫なんですよ」 夏美:「そういえば娘みたいな年齢の子と結婚する男性っていますよね。 その逆はないのに。 ずるい」 桑野:「若い子はいいですよ、人が言うことにいちいち茶々入れたりしないし」 夏美:「すいませんねえ、素直じゃなくて」 桑野:「 あなたも70ぐらいの爺さんからしたら、若くて可愛いのかも」 カチンときた夏美は、勢いで見合いを受けてしまいます(そりゃそーだ)。 やっぱり恋愛がしたい そして迎えた見合いの日、夏美は相手に丁重に謝罪。 「ごめんなさい、 私やっぱり恋愛したいんだと思います。 ただ結婚したいんじゃなく恋愛したいんです。 いい年をして変ですか? 」 その夜、桑野が夏美に電話して「見合いどうでしたか? 」と聞いてきます。 夏美は、桑野が彼女がいると嘘をついたことへの腹いせに「上手く行きました、結婚します」と嘘をつき返します。 気の早い桑野はさっそく結婚祝いに高い食器を買おうとして、夏美に止められます。 夏美から結婚が嘘だと聞いた桑野は「 わからないなー。 45歳初婚の男に断られたのがそんなにショックですか? 」とまたしても酷いセリフ。 ミチルには「思い過ごしなんじゃないのか? 」と憎まれ口を叩きつつ、警官には「(恐怖に怯える)女性の気持ちを理解しろ」と大説教! ミチルは桑野が何を考えているのかすっかりわからなくなりますが、 夏美は「(桑野は)心で思っていることと表に出すことが違っている場合が多いのよねえ」と桑野を正しく分析します。 しかし夏美がわかるのはここまでで、ここから先の桑野の本音はわかりません。 恋のライバルが2人 桑野と夏美がなかなか進展しない中、 夏美に恋のライバルが2人も現れます。 そう、意外にも桑野はモテ男なんです。 1人目は、桑野の仕事仲間の沢崎摩耶(高島礼子)。 第10話で沢崎が桑野を好きなことに気付いた夏美は、激しく動揺。 それなのに沢崎に「桑野さんの気持ちを確かめるために、ヘッドハンティングの話を受けると言ったらどうですか? 」と2人をわざわざくっつけるようなことを提案( 夏美はけっこうあまのじゃく)。 沢崎はその通りにしてみますが、桑野の気持ちは沢崎を仕事のパートナーとしてしか思っていませんでした。 沢崎は、転職せずに今後も桑野の仕事のパートナーでいることを決意。 2人目は、桑野のマンションの隣人・ミチル(国仲涼子)。 ミチルは最初は桑野のことが苦手だったのに、(ミチルに付きまとう)ストーカーをかっこよく撃退した桑野を見た瞬間に好きになってしまったのです。 ミチルに「私の気持ちを桑野さんに伝えてください」と頼まれた夏美は、メッセンジャー役を引き受けてしまいます。 このように夏美は、 気持ちとは裏腹な行動ばかり取ってしまうんです。 最終回は、仲間が気を利かせて桑野とミチルを2人きりにします(atミチルの部屋)。 しかしミチルに呼ばれた夏美がやってきて、いつものように桑野と口論を始めます。 ミチルは、憎まれ口を叩き合う2人に我慢できずに机をバンと叩きます。 「あの~、人の家で痴話喧嘩しないでもらえます? どう見たって 恋人か夫婦の痴話喧嘩です。 犬も食わないってやつです。 私の家で私がいないみたいな喧嘩しないで!」 その後、吹っ切れたミチルが夏美を呼び出しました。 「今から思えば、なんだかんだ言っていつも桑野さんの話をしていたし、文句言いながらも桑野さんと会ってたし。 桑野さんと沢崎さんがお似あいなんじゃって言った時や、あたしが桑野さんのこと好きって言った時もそういや動揺してましたもんね、好きなんでしょ? うまくいくといいですね、ポジティブシンキングー!」 遂に夏美が動き出す ミチルに背中を押された夏美は、桑野に「私の家を作ってください」と頼みました。 明るくて開放的で、人がいつも集まるような。 夏美:「考えてみれば、私たちの会話ってキャッチボールじゃなくドッジボールばかりだった気がします。 相手に当てて終わり」 桑野:「うまいこと言いますね」 夏美:「 わたしはキャッチボールがしてみたいです、あなたと。 ボールは投げました」 夏美『私はキャッチボールがしてみたいです。 あなたと。 、、、ボールは投げました」 ボールは投げました、って名台詞だなあ。 — K2o hxIOKecZ2HvvTOR この夏美のセリフ、ステキですよね~。 桑野がプロポーズ? 後日、桑野が夏美の診察にやってきました。 夕べ夏美の住む家を設計しようとしたけれど、出来なかったとのこと。 桑野:「今まで他人の住む家ばかり設計してきたけれど、自分や自分の大事な人が住む家はどうしても設計できない。 その理由は、明るくて開放的な家に自分が住んでいるのがイメージできないから」 夏美:「今、自分が暮らすとおっしゃいました? 」 桑野:「言いました、 僕はずっと結婚なんかしないと思ってきましたからね。 めんどくさそうだし、メリットないじゃないですか。 ひとりの方がいいって。 でもあなたと出会って、話し相手がいつもそばにいるのもいいかなあって。 ダメですか、僕じゃ? 」( おお!プロポーズ? ) 夏美:「いいかもしれません」( 感激!) 桑野:「いや、ああ!嬉しいなあ! 結果的に結婚はできないですからね」 夏美:「え? 」(耳を疑う) 桑野:「結婚できないと」 夏美:「ちょっと話が見えなくなってきましたが」 桑野:「自分が自分の大事な人と暮らす家のイメージが見えない、作れそうにない、さっきそう説明したでしょう? 」 夏美:「 家なんかいらない!賃貸でもいいじゃないですか!」 桑野:「僕は理想の形にこだわる主義なんですよ! 理想の家のイメージがわかない限り結婚できない、そう言ってるんです!」 夏美:「結局あなたは自分のことばかりじゃないですか!もう知りません!」 桑野:「ややこしい女だ!」 『まだ結婚できない男』に早坂夏美は登場しない? まだ結婚できない男見たいけど、桑野が夏美さんと破局してるのがショック過ぎて無理っぽい……12話かけて交際までいったアラフォーカプに最終回で拍手喝采した身としては、しんどい。 夏美さん大好きだった…最終回あたりだいぶ桑野賢くなってたのに…前作ファンの気持ちわかって— なみ🐖 n485670 どうして夏美先生とうまくいかなかったんだ。。。 — kkm34 kutti55 前作の最終回でやっと「付き合う? 」なところまで行った桑野と夏美ですが、 なんと『まだ結婚できない男』に夏美は登場しないようです。 桑野と夏美が別れた理由 桑野と夏美が別れた理由について、阿部寛さんが「ザ・テレビジョン」で以下のコメントをしています。 続編の企画は前にも出たことはあるんですが、13年経ってまさかこのタイミングでやれるとは思ってませんでした。 桑野がまだ独身という設定は…まあ、そうだろうなぁと 笑。 前作はハッピーエンドだったけれど、結局別れただろうなと思っていました。 でも、不幸ではない別れ方で、今でも夏美のことはいい感じに思っているんじゃないですかね。 普段は毒を吐く桑野だけれど、心根は優しい男だから、僕も共感出来ます。 不幸ではない別れ方と聞いて、ちょっと安心。 桑野と結ばれなかったのは残念だけど、夏美先生が誰かいい人と結婚しているといいな~。 「TV station」にも情報がありました。 前作は夏美と交際しそうな雰囲気で終わるも、桑野の偏屈さが変わらず、彼女に愛想を尽かされたよう。 これも再放送が1番面白い続編あるあるパターンかな。 確定ではないが、お金持ちと結婚したらしい?というのは衝撃でした。 — ハット hatandA1230 『まだ結婚できない男』1話で、早坂夏美がお金持ちと結婚したらしいことが判明しました。 もしかして、その金持ちとは金田でしょうか? 桑野がどのように早坂と愛を育んで、どうしてフラれたのか具体的に知りたいところですよね~。 今後も、新情報が入り次第追記します。 『まだ結婚できない男』早坂夏美ポジションは? 『まだ結婚できない男』の早坂夏美ポジションは、おそらく…… 吉山まどか(吉田羊)だと思われます。 『まだ結婚できない男』早坂夏美不在はイタイ? まとめ 『まだ結婚できない男』の元カノ・早坂夏美(夏川結衣)についてまとめました。 回想シーンでもいいから、登場してほしいです。

次の