城崎温泉 バー。 城崎温泉で夜遊び!夜ご飯のお店や遊技場の営業時間!|ココシレル

ラウンジ・バーのある宿特集!

城崎温泉 バー

兵庫県の城崎温泉は志賀直哉の「城の崎にて」で知られる文学の香り高い温泉地。 ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンに二つ星の温泉地として紹介されたこともあり、今外国人旅行者に人気急上昇中です。 温泉街を歩いてみれば判りますが、本当にここは浴衣の似合う街。 特に旅館のチェックイン時間を過ぎて日が傾き始める時間帯は、街頭に灯りがともりなんともノスタルジック。 浴衣に着替えた観光客がそぞろ歩く様子がとても絵になります。 若いお客さんの姿が多いのもこの温泉地の特徴です。 城崎温泉は外湯文化を大切にしている温泉地。 今でこそどの旅館にも温泉のお風呂がありますが、基本は外湯(共同浴場)で温泉に入るのです。 7ヵ所の外湯めぐりができる手形にあたるものは「ゆめぱ(外湯めぐり券)」。 温泉街の旅館に宿泊したお客さん向けのタイプと、日帰りのお客さん向けのタイプがありますが、ここはやはり城崎温泉に泊まって浴衣姿で「ゆめぱ」を手に回りたいものです。 城崎温泉の温泉街はJR城崎温泉駅前から歩くことができますので、車はもちろん電車でのアクセスが容易な点もポイント。 外湯の入浴料は600~800円なので、2ヵ所で元が取れ3ヵ所目からは無料の気分で回れますよ。 バーコード読み取り式の城崎温泉の「ゆめぱ」.

次の

ラウンジ・バーのある宿特集!

城崎温泉 バー

豊岡駅から徒歩6分の木造公設市場の中にある、ちいさなゲストハウスです。 豊岡鞄とコウノトリの街、豊岡の市街地にあって、豊岡駅から城崎温泉駅は電車で10分、車で15分。 お蕎麦の出石城下町、神鍋高原まで車で20分、竹野浜海水浴場、久美浜小天橋まで30分。 鳥取砂丘、天空の城竹田城跡、京都府天橋立まで60分。 伊根の舟屋まで80分と、北関西日本海の拠点といえる場所に位置しています。 【営業再開のお知らせ】 2020年6月1日よりご宿泊の受付を再開いたしました。 新型コロナウイルス拡散防止のための営業自粛の要請により、4月29日より5月末まで、Hostel Actの営業を休止しておりました。 また、移動自粛の要請に従い、6月18日までは県内の方のご利用に限り、19日以降は通常の営業を行います。 ドミトリーのご宿泊は、当面の間、別予約のお客様同士が同室にならないよう1グループのみといたします。 再開後は、ご来店時に「手指のアルコール消毒」「検温」にご協力いただき、「マスクの着用での接客」をご了承ください。 また、1階もりめ食堂は4月15日より当面の間はお昼の臨時営業、夜間の時間短縮営業とさせていただきます。 日常が世界にぐっと近づく。 ローカルとディープにつながる。 まちの人も、旅の人も、私たち自身も、 一緒に乾杯して、「距離」を飛び越えたい! 昭和初期に開設された木造アーケードの市場「ふれあい公設市場」にある、初めて来ても帰ってきたような宿 「Hostel Act」と、ふらっと立ち寄れる定食とちょい飲みの店 「もりめ食堂」です。

次の

【城崎温泉バー伽羅公式HP】

城崎温泉 バー

1962年東京生まれ。 1987年早稲田大学政治経済学部卒業。 日本経済新聞で証券部記者、同部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め、2011年3月末で退社、独立。 現在、経済政策を中心に政・財・官を幅広く取材、各種メディアに執筆するほか、講演やテレビ出演、勉強会の主宰など幅広く活躍している。 オフィシャルHP 著書に(PHPビジネス新書)、(日経BP)、(日系BP)、(日経BP など。 共著に(平凡社)、 日本経済新聞社 などがある。 早稲田大学政治経済学術院(大学院)非常勤講師、上智大学非常勤講師。 ボーイスカウト日本連盟理事。 静岡県ふじのくにづくりリーディングアドバイザーも務める。 日経ビジネスオンライン(日経BP)、現代ビジネス(講談社)、フォーサイト(新潮社)、月刊 WEDGE(ウェッジ)、月刊 エルネオス(エルネオス出版)、フジサンケイビジネスアイ(産経新聞社)などに連載コラムなどを持ち、定期執筆している。 昔ながらの3階建ての建屋が川沿いに並ぶ (写真・湯澤 毅、以下同) 文豪・志賀直哉の「城(き)の崎(さき)にて」で知られる兵庫県豊岡市の城崎温泉には、一風変わった「おきて」がある。 それぞれの旅館やホテルにある温泉の浴槽の大きさが一定の広さ以下に制限されているのだ。 旅行客は温泉宿の湯に入るのではなく、もっぱら浴衣(ゆかた)、に着替えて手ぬぐいを持ち、温泉街に7つある「外湯」へと出かけていく。 たいがいの旅館がフロントでバーコードの付いたカードを渡し、客は外湯の入り口でそれをかざして無料で入浴する仕組みだ。 川沿いに柳の木が植わり木造3階建ての旅館が並ぶ温泉街を、浴衣でそぞろ歩くのは何とも情緒がある。 最近は欧米を中心に外国人観光客の間で大人気の観光スポットになっている。 外国人観光客も浴衣を着て温泉巡りを楽しむ 実は、浴槽制限には昔からの城崎温泉の哲学が隠されている。 「まち全体がひとつの旅館」という考え方だ。 それぞれの旅館は「客室」で、駅が「玄関」、道は「廊下」、土産物屋は「売店」で、外湯が「大浴場」。 スナックやバーもまちなかに並ぶ。 有名温泉地の大ホテルによくある、スナックやカラオケからラーメン屋まで館内にそろっているというスタイルとはまったく逆なのだ。 温泉街全体が豊かになり、まちとして活気にあふれることで、皆が潤う。 そんな「共存共栄」が基本になっている。 このコンセプト、昨日今日に始まったものではない。 大正14年、1925年5月に発生した北但(ほくたん)大震災によって、城崎の温泉街は完全に破壊され、発生した大火によって、ことごとく焼失した。 当時の温泉旅館の主(あるじ)たちは、街路を整備し、元の木造建ての旅館を再建すると共に、共存共栄のルールを決めたのだ。 今も、まちなかには「共栄なくして共存なし」といったキャッチフレーズが貼られている。 そんな城崎のコンセプトが、ここへ来て新たな花を開き始めている。 まちなかに新しいお店が次々とオープンしているのだ。 老舗旅館を継いだ若手経営者を中心に、自分たちのまちに「再投資」するようになっている、というのだ。 大きなきっかけは、外国人旅行者の急増だ。 世界の観光地としてどう城崎温泉を磨いていくのか。 そう考える経営者が増えているという。

次の