スラムダンク k。 [B! スラムダンク] Kの部屋

【感想】スラムダンク新装版を全巻購入してみた

スラムダンク k

バスケ漫画の金字塔であるスラムダンクは、漫画のみならずアニメ版も人気でしたね。 世代によってはアニメからスラムダンクを知り、漫画を読んだという人もいると思います。 そんなアニメ・スラムダンクですが、残念ながら1番盛り上がる山王戦やりインターハイは放映されずに打ち切りとなりました。 スラダンファンなら是非、山王戦やインターハイ編を見てみたいというのが本音だと思います。 この記事ではアニメ・スラムダンクが打ち切りになった理由や、ファン待望の山王戦は見れないのかを検証していきます。 スポンサーリンク アニメ・スラムダンクが打ち切りになった理由とは? アニメ・スラムダンクの最終回は、桜木のシュート2万本合宿を終えたあとに漫画にはないオリジナルストーリーが展開されます。 その内容は、まさかの藤真ら翔陽メンバーと、仙道ら陵南メンバーが組んだ合同チームと、湘北が練習試合をするというものです。 このドリームマッチにスラダンファンは歓喜したわけですが、残念ながらその後の山王戦やインターハイ編は描かれませんでした(泣) アニメのエンディングでは、森重をはじめとする全国編のキャラクターが登場しているので、ファンからすれば山王戦まで放映されるのが規定路線って感じでしたが。 このエンディングを見る限り、全国編の制作は多少始まっていたのではと思います。 なのになぜ、あのタイミングで打ち切りになったのか? 打ち切りの理由は以下の2つと思われます。 打ち切り理由1、視聴率の低下 これはスラムダンク自体の人気の低下による視聴率低下ではなく、裏番組に圧された事による視聴率低下と言われています。 ちなみに、当時のスラムダンクの裏番組は『筋肉番付』でした。 元々は深夜帯に放送していた『筋肉番付』がスラムダンクと同じ、土曜日のゴールデンに進出してきたことが、打ち切りの要因の1つになったと考えられます。 打ち切り理由2、原作の先行き不鮮明さ アニメ終了時の原作漫画は単行本でいうとこの28巻あたりで、ちょうど山王戦の後半あたりでした。 なので、原作にアニメが追い付きそうな状況ではなかったわけです。 にも関わらず打ち切りになったのは、やはり原作が先行き不明になったことが大きいと思われます。 このまま山王戦の後も原作が続くことが決まっていれば、わざわざ打ち切りにするこもなかったでしょう。 有名な話ですが当時、作者と編集部の間には、確執がありました。 編集部は作品を引き延ばそうとして、作者はそれに相反する考えで、無理やり山王戦で原作を連載終了することに。 ちょうど番組改編の時期も近かったため、漫画にはないオリジナルストーリーで間を持たせた。 これが、アニメ・スラムダンク打ち切りの理由です。 やはり、1番の理由は、作者と編集部の確執だと思います。 連載がどこまで続くかわからない状況、番組改編時期、裏番組の「筋肉番付」のゴールデン進出、ここらへんが重なって打ち切りになったんですね。 もし、1つでもタイミングがズレていれば、山王戦やインターハイも見れていたかもしれません。 そう思うと、よりアニメ版の全国編が見たくなりますね(泣) スポンサーリンク 山王戦はアニメ化されないのか? これはもうスラダンファンなら是が非でも見たいとこですが、アニメ化は難しいかもしれません。 というのも、実は作者の井上氏はアニメ化に否定的だからです。 放送当時は、アニメの出来の悪さに腹を立てていたという話があるくらいですから。 なので、どんなにオファーがあったとしても、作者の井上氏がゴーサインを出すとは考えづらいです。 確かにアニメ版を見てると、あの山王戦の雰囲気をアニメで出すのは難しいだろうなとも感じます。 山王戦の最終盤はセリフすらなく画力だけで描かれていますが、あのシーンをアニメでは再現不可能だと思いますので。 いずれにしても作者の気持ち次第だと思います。 アニメ化を望むスラダンファンの声は未だに根強くありますから、作者の気が変わることがないとは言えないし、あるとも言い難い。 スラダンファンはその時をまつしかありませんね。 山王戦のおすすめ動画 それでは最後に山王戦のおすすめ動画をまとめたいと思います。

次の

[B! スラムダンク] Kの部屋

スラムダンク k

スラムダンクといえば、バスケットボールを通して、日本中の青少年たちに感動と希望を与えた伝説のアニメです。 そんなスラムダンクのキャラクターの中でも、特にファンを熱くさせたキャラクターが、三井寿です。 なんと、スラムダンクにたくさん登場するキャラクターのなかでも、一二を争う 大人気なキャラなんですよね。 そんな三井は、スラムダンクの名言メーカーと言われるほど、数々の名言を残しています! スラムダンクを知る世代も、知らない世代も、三井の魅力にハマること間違いなしでしょう。 というわけで、ここでは スラムダンクの三井がファンに大人気な理由と、伝説の名言10選についてご紹介していきます。 スラムダンクの三井がファンに大人気な理由 数々の困難や葛藤と戦いながら、情熱的にバスケットボールをやってきた 三井。 そんな三井が、スラムダンクの作中で全力で バスケットボールをプレーしてきた姿には、どんな人でも感動せざるを得ません。 スラムダンクが最初に放送されてからしばらく経ったいまでも、三井はかなりたくさんのファンから人気を集めているキャラです。 スポンサーリンク あまりにも自信にあふれすぎて「オレ様」っぽく思える時もありますが、三井くらい自信にあふれていた方が勝負の世界ではちょうどいいのでしょう。 このようなことと同じで、自信があるということは、それなりに沢山の 努力をしているという事になるのです。 絶対に勝てそうにない相手とでも、諦めず戦って勝ったり、普通では絶対に打てなさそうな場面で シュートを決めてみせたり、感動的な試合がたくさんあります。 特に、高校バスケチームで最強といわれた 山王工業との試合でも、たくさんシュートを決めた三井の姿は、本当に奇跡的でしたね。 もちろん他にも、スラムダンクでは、三井が活躍する試合がたくさん登場します。 しかも、さらに意外なことに、有名な外国人のバスケットボール選手が三井のモデルになっているんです! その名も、アメリカで12年間バスケ選手として活躍した、 マーク・プライス選手です。 マーク・プライス選手といえば、三井と同じく3Pやフリースローの天才と呼ばれた選手ですね。 身長は183センチで、本場アメリカのバスケットボール選手としてはちょっと 小柄でしたが、そんなことを物ともせずに戦っていました。 いまでもアメリカのバスケットボールの歴史に、その名はしっかりと刻まれています。 それでも、バスケに打ち込む三井のカッコよすぎる姿は、人気の 理由として、外すことはできないのです! 三井のギラギラとエネルギーにあふれたまなざしや、真っ直ぐにゴールを見る表情は最高にクールですよね。 そしてもちろん、鍛え上げられた肉体も、男女問わず 憧れを抱いた人がたくさんいるでしょう! たった1つのボールに全力を投じて、真剣に駆け抜ける姿は本当にかっこいいですよね。 バスケをしている三井の姿は、爽やかさと、燃えるような 情熱的な雰囲気の両方を兼ねそなえています。 こういった三井の姿は、まちがいなく三井が大人気な理由の1つになっていることでしょう。 でも、そんな三井も、最初っから何の努力もせずに天才児だったわけではありません。 スポンサーリンク 三井は、人知れず血のにじむような努力をしてきたし、心のなかでもかなりたくさんの葛藤と戦ってきた「努力の天才」なのです。 まわりから天才児と言われ続けるプレッシャーに苦しんでいたり、自信を無くして不良になったり、さまざまな 困難を経験しています。 そんな背景があるからこそ、バスケットボールのコート場で天才とよばれる三井は、多くのファンから愛されているのでしょう。 努力もしないで完璧な天才なら、たしかにスゴイとは思えても、 共感はできないため、好きになれなかったりしちゃいますよね。 三井がここまでファンに人気なのは、三井がきちんと 努力している姿を見せているからです。 スラムダンクの三井の、伝説の名言 とっても男気にあふれていて、バスケひと筋である三井は、聞いた人々を感動させてしまうような 伝説的な名言を、数多くのこしています。 そんな時には、ぜひ三井のこの名言からパワーを分けてもらってください! 三井はどんなに強い相手と戦う時でも、決して最初から諦めたりすることはありません。 前向きに、強敵にもたちむかう姿勢は最高にカッコイイですし、実際に諦めなかったからこそ 勝つことのできた試合もありました。 いずれにせよ、最後まで諦めないことで、何かを手に入れられる!ということを教えてくれているのが、この素晴らしい名言ですね。 このころの三井は、かつての三井とはまるで別人で、見る影もありませんよね。 このように、三井が不良として荒れていた時期は、スラムダンクでもかなり印象的で、いまだに語り継がれている超有名なシーンです。 そんな不良になった三井も、かつての師である 安西先生の顔を見ると、本当はまだまだバスケットボールに触れていたいという感情があふれてしまいます! その時に、あの男らしい三井がなんとも言えない悲しい表情で言った 本音が、このセリフになります。 ボロボロになり別人のように荒れてしまった三井が、泣きながら言ったこの名言に、 感動して泣いたファンも多いのではないでしょうか? まさに、三井の感情が痛いほどに伝わってくる、伝説の名言です。 三井のこの名言からは、彼の強い自信と、精神力をうかがうことができます。 それに、三井がここまで自信を持つことができるようになるまでは、 簡単な道のりではありませんでした。 多くの困難をのりこえ、自ら 成長してきた三井だからこそ、こうして自信にあふれている姿やセリフがとてもカッコイイものに感じられるのでしょう。 しかし、そんな状態でも三井の心は決して折れたりはしませんでした。 体力的にはかなり 限界だったはずが、三井は「もうオレには リングしか見えねえ」と、驚異の集中力と根性を見せ付けます! この時の三井の、ただならぬオーラや、倒れそうになりながらも決して試合を諦めたりしない姿は本当にカッコイイものです。 なにがあっても、絶対に最後まで諦めたりしないで勝ちたいという、 強い思いがあったからこそ、三井は立っていられたのでしょう。 この名言からは、三井のバスケへの大きな 愛と、メンタルの強さがよくわかりますね。 いい脇役がいないと 主役も生きないだろ!!」 たとえば、どんなにジャンケンが強くても、弱い人に勝つだけでは、ただ「へー、強いんだね」で終わっちゃいますよね。 そうなるよりも、めちゃくちゃ強い人に勝ったほうが、「めちゃくちゃスゴイじゃん!」と思いませんか? つまり、最高に強い主役が、その強さに気がついてもらうためには、対戦相手も強くなければならないということを三井は教えてくれています。 このセリフからは、三井が「強いものは、しっかりとその強さを認められるべきだ」という 大人な考えを持っていることがうかがえますね。 バスケットボールという 勝負の世界で、全力で努力してきた三井だからこそ言えた、伝説の名言でしょう。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、スラムダンクの三井がファンに大人気な理由と、伝説の名言10選についてお伝えしました。 とても真っ直ぐで強い心をもちながら バスケットボールに向き合い、自信に満ち溢れている三井は本当に素晴らしいキャラクターでしたね。 それに、不良になってしまった三井が、泣きながらバスケ部に復帰した時の名言も、かなり 感動的でした。

次の

【今から読む】『スラムダンク』入門者に語るあらすじと魅力

スラムダンク k

井上雄彦先生の伝説的なバスケ漫画『スラムダンク』! この作品でバスケを始めた方って連載当時もの凄い人数に上ったそうで、それまで人気だったサッカー部や野球部が閑古鳥が鳴くほどバスケ部に持っていかれたそうですよ。 そんなスラムダンクですが、連載が中途半端な形で終了しましたよね。 絶対王者山王がなぜか全国大会の2回戦で対戦。 この試合が漫画史に残るほど素晴らしい試合となったんですが、激闘と言うかホント死闘の末勝利した主人公桜木花道が所属するチーム湘北ですが、 その次の試合はダイジェストというか、文字のみで 『嘘のようにボロ負けした』 でエンディングになってしまいました。 ファンは嘘だろと・・・ 関連記事 続編の再開が待たれてもはや20年。 ついに続編の噂が出てきたんですが真相は? Sponsord Link 続編は流川のNBA編! 続編はなんと流川楓のNBA編なのではないかという噂になっていますね。 もう連載から20年経っていますし、今更高校2年の話とかぶっちゃけ読みたくないし・・・ なんて思うファンもいるかもしれません。 大黒柱の赤木はもう引退していますし、桜木、流川が2年になっていれば、三井もいません。 そこは新入生で保管するのかもしれませんが、やはりファンとしては赤木や三井がいないとちょっとと思う人もいるでしょう。 そこで出た案が凄まじい人気のあった流川がNBAに挑戦しているというストーリー。 流川は作中でもアメリカへの留学を考えていたこともあり、将来的にはNBAに挑戦するんだろうな・・・と思わせるシーンもありました。 ですが、その部分はやはりファンの頭の中で補完されている方がいいと思うんですよね。 スラムダンクは天才的な身体能力を持つ桜木花道が超高校級の選手相手に成長していくサクセスストーリーだった気がします。 そこには高校生だからこその青臭さとか青春的な要素もあって人気があった気がするんですが、そういった要素を抜いて殺伐としたプロの世界をスラムダンクのキャラで描く・・・ 個人的にはちょっと・・・ Sponsord Link そもそもスラムダンクが続編連載再開の噂は本当か? そもそもなんですが、スラムダンクの連載再開の噂って本当なんでしょうか? 現在井上先生は『バガボンド』を連載中。 このバガボンドがまだ当分終わらない感じがするんですよね。 そのバガボンドの連載を中断、または平行してスラムダンクという伝説の続編に挑むのは流石に無謀だと思うんです。 そもそも、このスラムダンクの続編に対して作者の井上先生は全く関与している素振りがないんですよね。 正直続編の連載再開についてはガセの確率が高そうですね。 90年代はまだ井上先生もスラムダンクの続編の連載について含みのある発言をしていたようなんですが、現在はすっかりスラムダンクに関して発言する機会がなくなってきた井上先生。 果たしてスラムダンクの続編の連載はあるのか?個人的には期待したいのですが・・・ 関連記事 以上「スラムダンクが連載再開の噂は本当か?流川がNBAで活躍!」の記事でした。 最後んで読んでいただいてありがとうございました。

次の