マイマガジン。 NTTドコモが無料ニュースアプリ「マイマガジン」をインストールすると500ポイントを抽選でプレゼントするキャンペーンを2月末まで実施中!毎日最大1万ポイントも

対応機種

マイマガジン

~ FX攻略. com編集部 ・口座の管理にあたって確認しておきたいこと 中里エリカ(セントラル短資FX) ・コロナショックで企業も家計も「節約」へ? 内田まさみ(フリーアナウンサー兼ライター) ・金利差がない時代、財政政策が重要に!? 大橋ひろこ(フリーアナウンサー) ・Exciting米国株~アーリーリタイヤを目指す!! ・主要各国の政策金利 ・読者投稿募集のお知らせ ぜひ編集部へ、ご連絡ください ・雑誌のオンライン書店Fujisan. jpでFX攻略. 経営をするうえでお金は血液のようなもの。 その流れが止まれば会社は倒産してしまいます。 逆に手元に資金繰りに悩まされないだけのキャッシュがあれば、経営に余裕ができますし、新規のビジネスに投資することもできます。 では、どうすればコロナ禍の下で手元資金を厚くすることができるのでしょうか。 今月の特集では、コロナ禍を克服し、キャッシュリッチな会社にするための着眼点を解説します。 しかし、実際に自宅で仕事をしてもらうとなると、通常のオフィス勤務とは違った労働時間管理が必要となります。 たとえば労働時間の把握や勤怠管理はどう行なえばよいのでしようか。 また就業規則の変更は必要となるのでしょうか。 ここでは、労務管理の専門家が「テレワーク」導入のポイントをアドバイスします。 ほとんどの人は納税通知書に記載された金額をそのまま納税していますが、じつは固定資産税では誤課税・過徴収が意外と多いのです。 たとえば土地の「地積」(土地の面積)が間違って現況の面積より大きく記載されているケースもあります。 そこで大切になるのが固定資産税の課税明細書のチェックです。 ここでは固定資産税の課税明細書のどこをチェックすればよいのか、そのポイントを専門家がアドバイスします。 具体的には「前払費用」「未払費用」「前受収益」「未収収益」の4つがありますが、その計上方法や「未払金」「前渡金」との違いについて、案外理解していないビギナー経理担当者もいるようです。 ここでは適正な期間損益計算を実現するために必要な科目である「経過勘定」について、具体例を交えながら、その基本知識をレクチャーします。 これまでのように「うちの会社は家族的な雰囲気だからパワハラなんて関係ないよ」などと高をくくっていると、場合によっては法律で責任を問わかねない時代になったのです。 ここでは「パワハラ防止法」の内容と、会社が深刻なダメージを受けないための日ごろの留意点や対策を専門家がアドバイスします。 アウトドアレジャーや旅行に行きたくなる時季ですが、そんなときに持参したいのが「ドリンクボトル」です。 ミネラルウオーターやフルーツジュースなどを入れて持ち運べば、外出先でのどが渇いたときに重宝します。 ここではお洒落で可愛い「ドリンクボトル」を厳選してご紹介します。 落語においても明るく元気な林家伝統のサービス精神を受け継ぎながらも、古典落語を現代に広めるために努力を続け、落語の楽しさを伝えている林家たい平さんにご登場いただきました。

次の

docomo LIVE UXからマイマガジンを削除する方法

マイマガジン

右下のマイマガジンアイコンを消す方法【ドコモAndroidスマホ】 まず このマイマガジンですが、アンインストールが出来ません。 更に 「無効化」をしても右下のアイコンは消えずにそのままなので注意を! きちんと設定で消す必要があります。 ちなみに 今回のこの方法ですが、Galaxy S7 edgeで行っています。 検索をしたところ、以前の機種とはやり方が変わっている様です。 もしも今回ご紹介する方法で出来ない場合は、他の方法を探す必要があります。 ですが必ず 「マイマガジンの有効・無効の切り替え」と「マイマガジンのアイコン非表示」は出来るはずなので、探してみて下さい。 この状態で下へスワイプすると・・・(画面上端からスワイプすると通知バーが開いてしまうので、画面中ほどから下へスワイプして下さい)。 すると上の様にメニューが開きます。 「・・・(縦)」をタップすると上の様にメニューが開きます。 その中から「マイマガジン利用設定」を選択しましょう。 「マイマガジンを利用したいけど右下のアイコンはいらない」という場合には、「アイコンを表示する」という項目のチェックを外して下さい。 「マイマガジンの利用自体しない」という場合には、「利用しない」を選択しましょう。 選択が完了したら「OK」を押します。 そして、ホーム画面に戻ってみると・・・ マイマガジンが消えた!!! ヤッター!.

次の

内閣府マイナンバーメールマガジン : マイナンバー(社会保障・税番号制度)

マイマガジン

内閣府大臣官房番号制度担当室(内閣官房番号制度推進室)では、マイナンバー制度に関する関係省庁からの新着情報の発信を主とする「マイナンバーメールマガジン」を配信しております。 配信を希望される方は、下記「御利用上の注意事項」をお読みいただいた上で、「新規登録」よりお申し込みください。 なお、本サービス(メールマガジン配信)の登録に際しては、これらの事項を了承されたものといたします。 メールマガジンのご利用にあたっては、「メールアドレス」のご登録をお願いしています。 また、「所属」「年代」についても登録をお願いしています。 ご登録いただきましたメールアドレスは、メールマガジンの配信のために使用します。 本サービス以外の目的に使用することはありません。 ご登録いただいた利用者属性・年代については、メールマガジンの制作にあたっての参考とさせていただきます。 法令に基づく開示要請があった場合、不正アクセス、脅迫等の違法行為があった場合、その他特別の理由がある場合を除き、収集した情報を上記の利用目的以外の目的のために自ら利用し、又は、第三者に提供いたしません。 配信メールが配送上の問題(配信システム、通信事業者または利用者メールサーバのトラブル等)により、お手元に届かなかった場合にも、再送はいたしません。 配信先を変更される場合には、お手数ですが一度登録を解除し、改めて新しいメールアドレスをご登録ください。 登録されたメールアドレスに対してのメール送信が不能となった場合は、登録を解除する場合があります。 本サービスは、当ホームページにおいて予告した後に中止または廃止することがあります。 本サービスのご利用、運用の中止、延期、終了等により発生する問題に関して、一切の責任を負いません。 利用上の注意事項は、適宜変更することができるものとします。 配信メールへの返信はできません。 新規登録 上記事項を御了承いただいたうえで、登録をお願いいたします。 jp」を受信できるように設定をお願い致します。 登録解除 本メールマガジンの配信停止、または、配信先の変更をする場合はこちらです。

次の