吹き飛ぶ 類語。 【普及】の例文や意味・使い方

養老保険とは?知っておきたいメリット&デメリット [生命保険] All About

吹き飛ぶ 類語

概念 [ ] 伝達、解釈、処理などに適するように形式化、符号化されたもの、または再度情報として解釈できるものをいう。 またはともいう。 英語の「 data」「 datum」はラテン語・イタリア語の dare(ダーレ、「与える」)を語源とする。 中国語では「 資料」(ツーリャオ)または「 數據」(シューチー)ともいう。 直面している問題の解決や、意思決定に役立つか否かという観点から、データと情報を区別する場合もある。 その場合においてデータとは、情報を生みだすための素材のことを呼び、データのなかの問題解決に役立つ材料のみを情報とよぶ。 データを受けとった人によって、さらにはその人の状況によって、データであるか情報であるかは変化することになる。 端的に言うと、意味のあるデータが「情報」である。 "「情報の表現であって、伝達、解釈または処理に適するように形式化され、再度情報として解釈できるもの」とされている。 電子データ [ ] 電子データは、内にあるか、コンピュータに取り込める形になったデータである。 例えば、単なる印刷物上の文字データと区別して、に変換された文字データ、単なる印刷物上の画像データと区別して、データや方式の画像に変換された画像データなどをいう。 コンピュータ内部の情報処理の場合は、わざわざ電子データと称することはほとんどない。 日本では刑法条文などで用いられている法律用語の「」は電子データおよび磁気データとほぼ同じ意味である。 磁気データ [ ] 磁気データは、されているデータである。 、などのコンピュータ用の媒体や、、定期券などのに蓄えられる。 近くに強力な磁石があると影響を受けて変化することがある。 モデル [ ] データは、関連するものがひとまとまりにされ、整理されて保管されることが多い。 これをとよぶ。 そこで保管されたデータの集まりを と呼ぶ。 データの流れは、と呼ばれ、などを用いて記述される。 処理の対象にされるデータの集合のことを、とよぶ。 処理系 [ ] の場合には、データは以外のものをさし、その形態は、文書、映像、音声など様々である。 直接スイッチなどを使ってメモリ上に書き込む場合も有るが、大抵はプログラムによって出力され、他のプログラムなどで読み込み使われる。 コンパイラなどの処理ではプログラムをやのデータとして扱う場合もある。 またデータの中にプログラムを含むことも可能。 などではプログラムとデータは同一のメモリー空間に配置され、設計者の意図によって区別される。 データは、やや、などに収めることができる。 関連項目 [ ]• データの表現に関する項目• 、、、、• データの階層化に関する項目• データの操作・加工に関する項目• 、、、、• に関する項目• に関する項目• 外部リンク [ ] ウィクショナリーには、の項目があります。

次の

ワクワクできる職場にあふれる「ポジティブ・エネルギー」とは

吹き飛ぶ 類語

「ひとえに」の意味とは 「ひとえに」の意味は「そのことだけで他に理由がないこと」 「ひとえに」とは、そのこと以外に理由がないこと・もっぱら、という意味の言葉です。 ただそれだけが理由であることを強調するようなニュアンスを持ちます。 「ひとえに」には「そのことだけをする様、ひたすらに」という意味も 「ひとえに」にはもうひとつ、そのことだけをする様・ひたすらに、という意味もあります。 たとえば、「ひとえによろしくお願いします」といった場合は、ひたすらにお願いをする、という意味になります。 文法の話をすると、「ひとえに」は副詞です。 副詞はすぐ後に続く言葉を修飾するものなので、後ろに続く言葉によって意味を考えると分かりやすくなります。 「ひとえに」の漢字は「一重に」ではなく「偏に」 「ひとえに」という単語は通常、ひらがな表記で使用しますが、漢字で書いた場合には「偏に」となります。 「一重に」という表記は誤りです。 「一重」という名詞はありますが、副詞で使用する場合には「偏に」という表記が正解です。 メールや書面で使用することも多い言葉ですので、誤字にはくれぐれも気をつけましょう。 「ひとえに」の使い方と例文 「これもひとえに皆様方のおかげ」が一般的な使い方 「ひとえに」は感謝を述べる際に用いられることの多い表現です。 顧客や取引先などに感謝を述べる際に、「ひとえに~のおかげ」という言い方を良くします。 たとえば、「これもひとえに皆様方のおかげでございます。 心より感謝申し上げます」という表現はよく耳にします。 この場合、「皆様のおかげ」以外の理由は見当たらない・もっぱら皆様のおかげで、というニュアンスです。 「ひとえに感謝いたします」はただただ感謝を意味 「ひとえに皆様方のおかげ」ではなく、「皆様方のおかげと、ひとえに感謝いたします」とする場合では、少し意味合いが異なってきます。 先にも少し触れましたが、「ひとえに」は副詞なので、後ろについた言葉を修飾するという性質があります。 そのため、「皆様方のおかげと、ひとえに感謝いたします。 」とした場合は、ただただ感謝しています、という意味になるのです。 感謝していることに変わりはありませんが、感謝する対象を強調したいのであれば、「ひとえに~のおかげ」という表現がおすすめです。 「ひとえに」はお力添え・賜物とも一緒に使える 「これもひとえにお力添えのおかげ」や「ひとえにご愛顧の賜物と感謝申し上げます」もよくある表現です。 「お力添えのおかげ」とは、手助け・協力のおかげという意味です。 また、「ご愛顧」とは目をかけること、「賜物」とは「結果として生じたよいこと」という意味の言葉で、ひいきにしていただいたからこそ得られた結果、というような意味です。 いずれも、「ひとえに」とともに用いることの多い、感謝を述べる際の常套句になっています。 お詫びの言葉では「ひとえに~の過失」 感謝を述べる場合によく使われる一方で、謝罪やお詫びの文面でも「ひとえに」を使用することがあります。 たとえば、「今回の不祥事は、ひとえに本部長である私の監督責任でございます」などという言い方も可能です。 ほかにも、「これはひとえに弊社のミスであり、心よりお詫び申し上げます」という表現もあります。 「偏に風の前の塵に同じ」は平家物語の一節 「ひとえに」という言葉の歴史は深く、古くは平家物語でも使われていました。 中でも「偏に(ひとえに)風の前の塵に同じ」という表現は有名です。 「偏に(ひとえに)風の前の塵に同じ」を直訳すると、ただただ風の前に落ちている塵と同じである、という意味になります。 これは、はかなきもの・いつかは終わるものの例えで、風で吹き飛ぶ塵のようにあっという間に力・勢いはなくなってしまうものだ、という一節で使用されたものです。 「ひとえに」の類語表現とは 「ひとえに」の類語は「主に」や「もっぱら」 「ひとえに~のおかげ」という場合のように、ほかに理由がない、という意味では、もっぱら・主に、といった言葉が類語に当たります。 いちずに、と言い換えられることもあります。 感謝を述べる場合には、「どれもこれも皆様のおかげです」という言い方や「お陰さまで」もよく使用される表現です。 「ひたすらに」「まったくもって」も類語 「ただそのことだけをする」という意味での「ひとえに」は、• ひたすらに• まったくもって• ただただ• すべて などの類語があります。 また、「ひとえによろしくお願いいたします」の言い換えでは、「何卒よろしくお願いいたします」などという表現も可能です。 「ひとえに」を英語表現とは? 英語では「~がないと無理だった」と表現 日本語の「ひとえに」を英語で表現する際には、「ほかに理由がない」「協力(手助け)がないと不可能だった」という言い方をします。 たとえば、• (直訳:あなたの協力なしにこの仕事は対処できなかった) とすると、「この仕事を成しえたのは、ひとえにあなたのおかげです」という日本語訳になります。 「ひとえに皆様のおかげ」は all owing to you 日本語でよく使う「ひとえに皆様のおかげ」を英語で表現すると、• This is all owing to you. となります。 oweは、借りている・負っている・おかげである、といった意味の単語です。 「ひとえによろしくお願いします」は beseech 「ぜひとも」「ひたすらに」というように、強調のニュアンスでの「ひとえに」を使うこともあります。 たとえば、「ひたすらによろしくお願いします」という場合は、「懇願する」という意味のbeseechを使い、• I beseech this favor of you(この件につきまして、ひとえによろしくお願いいたします) とすることが可能です。 このように、意味に応じて適した単語に言い換えるようにすると、「ひとえに」を使った日本語文と同じようなニュアンスの表現となります。 まとめ 「ひとえに」には2つの意味がありますが、ビジネスシーンでよく用いられるのは「それ以外に理由がない」という意味です。 「他ならぬ貴社のおかげ」と感謝を述べる場合や「もっぱら弊社のミスです」とお詫びする場合などに「ひとえに」は使われています。 やや堅い表現ですので、社内の話し言葉には不向きですが、感謝や謝罪など改まった場に重宝します。

次の

吹き飛ぶの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

吹き飛ぶ 類語

あなたの職場には一緒にいるとワクワクするようなリーダーや仲間がいますか? 組織や職場では エネルギーを人や場に与える人と逆に 奪ってしまう人がいるようです。 人は自然と、エネルギーを貰える人を見かけたら近寄って、エネルギーが奪われると感じる人を見かけたらちょっと距離を置く動きをしてしまいます。 それは意識した動きではないでしょうが、「自然と・・・」そうなってしまうものです。 実は先日、学生時代の指導教官が退官される感謝の会に参加しました。 久しぶりにお会いしたのですが、研究そのものへの情熱はもちろんのこと、幅広い分野に好奇心を持ち、それを楽しんでいる様子に変わりがなく、とても多くのエネルギーを貰えました。 ほんの 2時間位でしたが、この先生と一緒にいると尊敬の念を感じるとともに自分もワクワクすることを嬉しく感じた会でした。 まさしくエネルギーを人や場に与える先生です。 では、 エネルギーを人や場に与える人と逆に 奪ってしまう人の違いは一体何なのでしょうか。 また、そのような人は組織にどのような影響をもたらすのでしょうか。 今回は3回に渡って「ポジティブなエネルギーとその効用」に関して、ミシガン大学のキム・キャメロン教授から教わったことをご紹介したいと思います。 キム・キャメロン教授が注目する企業回復の要因とは? ミシガン大学のキム・キャメロン博士は、ビジネススクールで「ポジティブ組織論」や「ポジティブ・リーダーシップ」の研究をしている方です。 もともとは、どうして企業が衰退していくのかを研究していました。 しかしある時、企業が回復していく事例をみて、その要因は一体何かということに興味を持って研究テーマを変えました。 そして、その要因こそが「ポジティブ・リーダーシップ」だと様々な研究から結論づけたそうです。 ポジティブなビジネス、ポジティブなリーダーシップは世界にポジティブな変化をもたらす!といった、一見すると楽観主義かと思われるようなことですが、数多くの研究によって実証されています。 組織に変化をもたらす「ポジティブ・エネルギー」 キャメロン教授の研究する「ポジティブ・リーダーシップ」の中心にある概念こそが 「ポジティブ・エネルギー」です。 日本ではストレスチェックが義務化されたり、燃え尽き・抑うつ・疲労が組織に悪い影響を与えないようにするための様々な対策が講じられています。 しかし、「ポジティブ・エネルギー」が組織や職場に生み出す影響については、あまり注意が払われていないように思います。 「ポジティブ・エネルギー」の特徴をキャメロン教授は以下のように表現しています。 活気( aliveness)• 覚醒 arousal• バイタリティー vitality• 熱意( zest) 私たちが活動したり、何かを創り出したりする時の源となる力です。 リーダーが「ポジティブ・エネルギー」を持っていることは、とても重要で、職場にいるメンバーの潜在的なリソースや能力を解放し、開花するまで高める上で欠かせないものではないでしょうか。 「ポジティブ・エネルギー」と他のエネルギーの異なる性質 「ポジティブ・エネルギー」と他のエネルギーは一体何が違うのでしょうか? 「ポジティブ・エネルギー」を効果的に組織や職場で育みたい時には、 「エネルギー」の種類を知って、分けて考える必要があるとキャメロン教授は言っています。 【身体的エネルギー】 マラソンをしたり、 1日中忙しく過ごしたり、活動したりすると身体は疲れて、エネルギーを失ってしまいます。 栄養や休息、睡眠を取らないと回復しないので美味しく食事を楽しんだり、ゆっくり寝たりすることが大切です。 【心理的エネルギー】 難しい問題に長時間取り組むと、頭が疲れて集中できなくなります。 回復するには、精神的な休息を取ったり、リラクゼーションが必要です。 猫と戯れることが癒しになる人もいるでしょうし、瞑想なども効果的です。 【感情的エネルギー】 スポーツの競技や観戦で感情的に興奮したり、大切な人との別れによって激しい哀しみに直面したりすると奪われます。 これも休養しないと回復しません。 ポジティブな対人関係を通じた【関係性エネルギー】は枯渇するどころか、どんどん増えていくといいます。 お互いに相手のことを思いやったり、好感を持てる人と話す時や一緒に仕事をする時には時間も忘れ、今まで感じていた疲れも吹き飛ぶ位に集中できたり、仕事が一気に進むといったことがあります。 もちろん、後から身体的エネルギーの低下に気づくこともありますが、気持ちとしてとても充実した状態になっています。 このような状態を組織や職場で常に創りだせたら、とんでもないパフォーマンスが生まれるんだろうな・・・と想像するだけで楽しくなります。 この【関係性エネルギー】を生み出せる人こそが エネルギーを人や場に与える人だと言えます。 組織や職場のやる気を喚起するには、「動機づけ」や「インセンティブ」が重要だと言われていますが、それは「ポジティブ・エネルギー」とは違うものだとキャメロン博士は説明しています。 次回は「動機づけ/インセンティブ」との違いや、「ポジティブ・エネルギー」を生み出す方法についてお伝えしたいと思います。 『ポジティブ・エネルギー』シリーズ 1.2.3. ポジティブ心理学に関心のある方、ポジティブが大事とわかってはいても、過度にネガティブな発想・行動パターンから脱する方法が分からないという方へ、こちらのプログラムもご参照ください。

次の