八幡ssクロス彼女。 『俺ガイル』比企谷小町がヒロインなおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

『俺ガイル』比企谷小町がヒロインなおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

八幡ssクロス彼女

比企谷八幡ってウザくないですか 俺ガイル、はまち、やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 の 比企谷八幡ってウザくないですか。 このラノ一位も取って各方面からえらい人気があるみたいですけど、 正直臆病で考えすぎなだけの主人公に最強スキルを付与してかっこよく見せてるだけかなと思いました。 陽乃にも臆病だとは指摘されてましたけど。 てかこれを好きだとか傑作とか言ってる人たちは大丈夫なんですかね? 八幡と同じように、他人に対して過去にこういうトラウマがあったからあいつはこういう奴とか、勝手に決め付けて分かったようになっているんじゃないですかね? 正直そんな人間たちは理性の化け物でも自意識の化け物でもなく、ただのトラウマから人間不信になって他人を蔑んだり見下したりする理由を探してるだけでしょ。 自分は距離を測ったり測られたり探られたりするのが嫌なのに、他人には最初から全力で自分を好きになってほしいって確かに人未満の生き物ですね。 この作品は要するにそんな臆病な主人公を、強かったり優しいところもあるというように感情移入しやすくして、 つまり他人に対して臆病でわがままな男を「本当はかっこいい奴」として書くことで読者のぼっち的心情を美化してかばっているだけの話ですね。 これが最も人気のあるラノベって、正直未来が心配になります。 実際八幡の哲学に引きずられすぎて、他人を自分の経験のみに頼って勝手にタイプわけしてレッテル貼りしている人もいるようですし。 八幡はそういう状態から変わりかけてるとか言う意見もあるようですが、これから八幡が変わるんなら、今までの臆病な八幡の態度は結局糞だったってことですから今までのこの作品の意味が分かりません。 やっぱぼっちより人と人の輪を信じようってことなら、いままで友達や仲間的なものを過剰に他人を見下して、蔑む必要もなかったんですよね。 あと、この作品に出てくる悪役に本気でムカついている人も多いみたいですけど、折本だの相模だののキョロ充系クズキャラは八幡の(読者の)他人見下し哲学を補強してくれる存在ですから、たくさんいてくれたほうがこの作品的にはありがたいんですよ。 彼女たちがいかにもキョロ充クズっぽいことをしてくれるだけで、相対的にぼっちのヨイショになるからです。 ですが、相模や折本に近い人間を知っているからといって、ぼっちであることの言い訳にはならない、それだけの話だと思うんですがね。 私の意見はそんな感じですが皆さんは8巻までのこの八幡という男についてどう思いますか。 率直なご意見お聞かせください。 八幡はきっと間違っているだろう。 こういう考え方を自分はあまりした事はないが、共感できる部分は確かにあった。 うざさは感じない。 自分も同じ様に葛藤し堂々巡りの思考をしていた時だってあるから。 八幡の弱さもなんとなくは分かるから。 八幡の言うスクールカーストでは中の上の位置で、結構気を遣う立ち位置にいたから、八幡よりもむしろ、葉山あたりが自分にとっては共感出来た。 だからこそ八幡の考えが自分にとっては衝撃だった。 あの時あいつ本当はどんな気持ちだったのだろうか、あの時はどうすれば良かったのか、そんな事を考えさせられたりもした。 八幡の考え方では世間から爪弾きにされてしまうし、多くの反感を買う事は間違いなく、一般的に彼は間違っている事は明白だ。 それでも、彼の考えを否定はできんなと思った。

次の

俺ガイルおすすめSSまとめ【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】

八幡ssクロス彼女

ニコニコ動画で投稿されている、をノベライズしたというもの。 このMAD、全12編ある超大作で、尚且つクオリティがクッソ叩くて オルガのMADの中でもトップクラスの人気を誇ります。 それをノベライズした訳なので三次創作。 いい感じにインフィニットストラトスとオルフェンズが混ざり合っており、オルガとミカの影響を受けて徐々に成長していくISメンバーが非常にかっこいい。 希望の花ネタ等も大量にありますが、低レベルなオルガssのようなウザさが無いよう考慮されてるので、オルガssが嫌いな人でも読めるのでは? ISとオルフェンズがどっちも好きならお勧めです。 そしても見てみてください。 主人公はオリ主で、至極まともな考え方をしているのですが、脳内に現れる選択肢が主人公の行動を阻害。 二択で現れる選択肢は必ず選ばなければならないので、意味が分からない阿呆な選択肢を選ばざるを得ない時が頻繁に発生するせいで、主人公は世間からは問題児認定されているという。 しかしながらその阿呆選択肢に付き合い続けた結果、身体能力だけは世界最強クラス。 面白いので是非。 作品リンク スポンサーリンク 空の境界 群青所望 かなり珍しい、空の境界にオリ主をぶち込んでみたという作品。 空の境界は物語としての完成度が高く、かつ内容が非常に複雑であるため、ssが少ない傾向にあります。 というより初めて読んだかもしれない。 式とは違った形で死に触れることの出来る彼女の眼。 今作は、少し世界からずれてしまっている彼女が、成長していく物語。 10話程度と少ないですが、完成度はピカイチ。 これまた珍しい女性オリ主者なのですが、これが面白い。 女オリ主は300年前の大戦時代を生き残った人物で、たまたまコールドスリープ状態になって鉄血時代に蘇ってきたという設定。 深窓の令嬢感のある美しく儚い外見とは裏腹に、人殺しにしか快感・愉悦を見いだせない異常者で、三日月クラスのMS操縦技術の持ち主が鉄火団に入団します。 この作品はオルガが男らしく、こうあって欲しかったという鉄火団を描いており、そしてそんなオルガに異常者であった女主人公が自然と惹かれていく過程は見もの。 非常にきゅんきゅんします。 原作とは途中から展開ががらりと変わっており、完全なオリジナルストーリーになっています。 ぶっちゃけめちゃくちゃ平和な世界。 江ノ島循子が苗木の「希望」に学級裁判前に気が付いて、ちょっかいを出していく内に興味を持ってしまうという内容。 苗木が非常に格好いいss。 苗木の希望がこの時点で既に覚醒しており、江ノ島が色々と絶望させようと手を打ちますが、悉くそれを跳ね返していくという。 それに江ノ島が絶望的な程に絶望を感じており、学級裁判なんて物をやらずとも十分に満足してしまっており、そのせいで世界はクッソ平和になっています。 もうこれ本編でいいんじゃ(笑)?ってぐらいの平和さ。 日向も自分の中で一つの回答を見つけているし、平和なダンガンロンパssが見たい人には非常にオススメ。 ちなみにカップリングは苗木と江ノ島です。 霧切とかとくっつくことはないので注意。 ダンガンロンパに詳しい人がカムクライズルをssにぶち込むって話を聞いたら、 「え……?絶望とかあのキャラクターとかどうなってんの?色々世界感とかおかしくならないそれ……?」 みたいな疑問を抱くとは思うんですが、そこらへんはいい感じにボカして言及しないようにしてます。 書き方がうまいですね。 ネタみたいなキャラをぶち込んでますが、内容は非常に面白い。 よう実の醍醐味である頭脳戦をしっかり盛り込み、カムクライズルという想像を絶する天才の恐ろしさ・強さを描き、なおかつカムクライズルがやや人間臭くなっていく過程も描いていく……。 ダンガンロンパ好きかつよう実好きな方に最適なssになってます。 ちなみにですがダンガンロンパを知らなくてもこの作品は楽しめるとは思うので、「ダンガンロンパしらないよー!」って人も是非読んでみてください! ただ、よう実を知らないと読みにくいやもしれません。 作品リンク ラブライブ!シリーズ やはり俺が音ノ木坂で青春するのは間違っている。 四月に八幡が提出した作文の罰が、奉仕部での活動では無く、音ノ木坂学院への放課後出向だったら……というもの。 俺ガイルメンバーは八幡と、小町、平塚先生しか出てこないのがポイント。 大体こういう系って奉仕部とゴタゴタがあった後に学外に出て……っていう感じになることが多く、奉仕部が出てくるとシリアスになりがちですが、 本作は基本的に奉仕部との絡みはそんなにありません。 八幡が八幡らしき思考をしていて、「あー。 原作の八幡も多分こんな感じで動くわー」って感じで違和感なく読めるのが個人的にポイント高い。 シリアス多少ありますが、基本ほのぼのです。 ちなみにヒロインはエリーチカと真姫。 真姫と比企谷との絡みすごい好き。 スバルの代わりにそいつが居るというわけではなく、原作のエミリア陣営にルイスが追加されたという感じ。 レム、ラムやロズワールなどとも普通に絡みながら物語が進んでいきます。 ラインハルトと同格の奴が居るなんて、一見エミリア陣営にとって本編よりかなりイージーモードになっているように見えますが、実はそんなことはなく• 序盤の魔犬襲撃事件の時には戦線を離脱ており、結局スバルが原作同様に解決する必要に駆られる• ペテルギウス・ロマネコンティ襲撃事件では、何故かセットで強欲のレグルスも付いてくる など、スバルに簡単な道など用意してやらんとばかりに世界の難易度が爆上がりしている状態です。 なのでスバルも原作同様に成長しますし、チートに頼って一挙に解決!みたいな展開はございません。 また、ラインハルトの人物像がしっかり描写されており、チート存在が増えたことによりラインハルトの影が薄くなる、格好悪く描写されている、などといったこともありません。 おそらくは原作者のQアンドAまで読み込んで書いてるのでは?ってぐらいラインハルトに関して格好良く、丁寧に描写されているので、原作ファンも手放しで称賛できる作品です。 ただ、こちら原作を元にして作られており、かなり話が進んでるので、アニメ版だけ読んでいる人が見てしまうと 「なんのこっちゃ?誰やこいつ?」 ってなるようなことが多々あるかと思われます。 原作読んでる人が見ることを推奨しますね。 なぜカリオストロだったのかという疑問は残りますが、まぁセーフ。 カリオストロはスバルの死に戻りについて来れる唯一の人間で、スバルが死に戻りをしたとしてもその前回の記憶を保持出来るという体質の持ち主という設定です。 スバルの唯一の理解者にして保護者的な立場にたち、未熟なスバルを叱咤激励かましながら導いています。 カリオストロおっさんではありません。 ちょいちょいカリオストロが入っていることで物語が変わったりしていますが、基本的にはリゼロの原作どおりの展開で進んでいきます。 僕は正直グラブルしらないんですが、非常に楽しめたのでオススメです。 ヒロインが由比ヶ浜結衣で、シリアス成分は全くのゼロ。 色々原作が改変してあり、• これね、雪ノ下雪乃がマイルドになっているだけでめっちゃほのぼのになるのすげぇ面白いですよ。 俺ガイル好きで、由比ヶ浜結衣がヒロインであることに抵抗が無ければマジでオススメです。

次の

いろは「…あれ?もしかして比企谷せんぱいですか?」

八幡ssクロス彼女

1: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 一色いろはです。 せんぱいが高校卒業して以来ですから、3年ぶりくらいですね、久しぶりです」 八幡「お、おう…」 八幡(高校卒業後地方の大学に進学した俺が、高校時代の知り合いと会うのは本当に久しぶりだった 八幡(つーか悠々自適なボッチライフを楽しむためにあえて遠いところにしたのに、まさか知り合いに会うなんてな 2: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 つーかお前、よく俺のこと覚えてたな」 いろは「えー普通忘れませんよー?」 八幡「いや3年間も会ってなかったら結構忘れてるもんだけどな…。 ていうかお前がこんなこじんまりとした本屋で働いてることが意外だ。 オサレ( な居酒屋とかで働いてるタイプだったろ」 いろは「あー…。 バイト先で言い寄られるのって結構めんどくさかったんだよね…ふったら波風立ちまくりで」ボソッ 八幡「なんか言ったか?」 いろは「いえいえ、なんでもー。 まあ、ここって結構楽なバイトですし。 個人経営だからシフトも融通利くんで」 八幡「いいことを聞いた、なんなら今すぐにでもシフト変更して帰りたいまである」 いろは「初日からそれって…」 八幡「俺のバックれたバイトは108まであるぞ」 6: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 比企谷くん、今日からよろしくね」 八幡「っす」 店長「仕事は一色さんに教えてもらえばいいから。 じゃあ、僕は裏で発注しとくね」 いろは「え、私が教えるんですか?」 店長「うん、よろしく」 いろは「えー…りょーかいです」 8: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 一応これからはここでは私が先輩ですよ?」 八幡「…すみません、よろしくお願いします一色さん」 いろは「あはっ、冗談ですよ~」 八幡「こいつ…」 いろは「せんぱいが後輩だーなんかおもしろ」 八幡「はあ…」 八幡(…今回は久しぶりに初日でバックてしまいそうだ 9: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 今日は色々と教えてくれてありがとな」テクテク いろは「うわなんかせんぱいから凄い素直に感謝された気持ちわる。 せんぱいそんなキャラでしたっけ~?」テクテク 八幡「相変わらずお前の素はえぐるようにくるな。 俺だってもう21だ、仕事教えてくれる相手には素直に感謝ぐらいするさ」テクテク いろは「あーそっかー私の一つ上ですもんね~21かー。 あは、おっじさ~ん」テクテク 八幡「うっせ」カチッ、シュボ、スパー いろは「え、せんぱい煙草吸うんですか?」テクテク 11: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 本当に偶然」テクテク 八幡(大事なことだから二回言った結果怪しさが増した気がするが いろは「えー…ほんとですかあ?」テクテク 13: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 一色は?」 いろは「202です。 うわー…よく今まで気づきませんでしたね」 八幡「お互いな」 八幡(こんな近くに知り合いが住んでたとは…世間は狭いといってもこれはさすがにできすぎだろう 15: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 お前外面だけはいいんだから」 いろは「なんですかそれ口説いてるんですかごめんなさい狙いすぎだし気持ち悪くて無理です」 八幡「…いつだったか同じようなこと言われたな」 いろは「そうでしたっけ?覚えてないです。 それじゃーせんぱい、お疲れ様でーす」バタン 八幡「おう」 八幡(なんか今日は疲れたな…早よ寝るか カチッ、シュボ、スパー 17: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 なんか渋くなったよね。 ベランダで煙草でも吸うか」 八幡(俺の部屋の冷蔵庫にはMAXコーヒーがダース単位で保存してある。 MAXコーヒーと煙草、これ最強 ガラガラ 八幡(MAXコーヒーで喉を潤して ップシュ、ゴクゴク 八幡(煙草の苦みがいい具合にコーヒーの甘さと調和する カチッ、シュボ、スパー ガラガラ 八幡「ん?」 27: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 この件に関しては小町ポイントに既に甚大な被害を出したからな。 もう誰にどう言われようと気にせん」 いろは「いや、別に何も言ってないですけど…」 八幡「…っそ」スパー いろは「煙草吸ってる先輩の姿、結構好きですし」ボソッ 八幡「あ?」 いろは「なーんでもなーいでーす」 八幡「あっそ。 ま、言いたいことあるなら言えよ」 八幡(聞くだけだけどな いろは「はーい。 …そのうち、言いますよ」 八幡「そか」 いろは「はい」 29: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 今日もよろしくね」 八幡「うっす」 店長「じゃ、僕は裏で発注しとくから…」 いろは「…店長って発注とか言って裏でずっと漫画読んでるんですよー」ヒョコッ 八幡「いきなり背後に忍び寄って耳元で囁きかけるな、野原さんちのしんのすけくんかお前は」 いろは「何言ってるんですかあ。 可愛い可愛い後輩の一色いろはちゃんですよー。 あ、ここでは私先輩でしたね」 八幡「…はあ。 今日もよろしくな」 いろは「いぇっさー」 30: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 そりゃそうですよ、だって今から飲み会ですもん」テクテク 八幡「そうか。 いってら」テクテク いろは「せんぱいと!」ピタ 八幡「は?」ピタ 31: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 あ、せんぱいのコミュ能力を考慮して私と二人だけの飲み会なので安心してください」 八幡「………」スパー いろは「お金なら、安い居酒屋だから大丈夫ですよー多分。 二人で飲み放題にしても3000円かかりません。 私出しますよ。 せんぱい、お酒だめな人ですか?」 八幡「金は俺が出してもいいし、酒は嫌いじゃないが…」 八幡(飲みニケーションとかいう風習は嫌いだが 32: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 行きましょうよー」テクテク 八幡「…しょうがねえな」スパー いろは「…!? 」 八幡「なんでお前がびっくりしたような顔してんだよ。 ほら、行くぞ」テクテク いろは「あ、はい。 せんぱい待って~」テトテト 39: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 乾杯」 いろは「せんぱいテンションひくーい」ゴクゴク 八幡「俺にテンションを求めんな」グビグビ いろは「そーでしたねー。 せんぱいそーゆー人ですもんねー」 八幡「…うっせ」グビグビ 40: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 いかにもだな グビグビ いろは「せんぱいってーそういえばどこ大ですか~?」ゴクゴク 八幡「K大だよ。 あそこの3年だ」グビグビ いろは「K大かー。 いっしょです。 学部どこですかー?」ゴクゴク 八幡「法文だよ」グビグビ いろは「へーそうなんですかー法文」ゴクゴク 八幡「ああ」グビグビ いろは「へー…」ゴクゴク 八幡「………」グビグビ、ップハア いろは「………」ゴクゴク、ップハア 八幡「次、何頼む」 いろは「あー私カルーアミルクでお願いします」 八幡「はいよ。 すみませーん、生中とカルーアミルクください」 ハーイ! 41: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 俺もびっくりしてるんだ、ちょっと」 いろは「なんですかあそれ。 意味分かんないですね」 八幡「…まあ、せっかく久しぶりに会ったのにろくに話もしなかったからな。 一回ぐらいいいかと思ったんだよ。 可愛い後輩の言うことだしな」 いろは「だ、だから狙いすぎで気持ち悪いんですって」 八幡「それはすいませんね。 …つーかお前、もしかして酒弱いのか?顔赤いぞ?」 いろは「これが普通です!」 42: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 お前見るからにやばいぞ、飲みすぎだ」 いろは「えーそんなことないですってー!」キャハハ 八幡「いや、明らかにお前つぶれる寸前だから。 帰る準備しろ、送るから」 いろは「……」 八幡「おい?一色?」 43: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 物腰が大人っぽくなったっていうかあ」 八幡「…そうか?そうでもないだろ」 いろは「ある意味昔から大人っぽくはありましたけどお、なあんか捻くれてる部分がなくなったっていうかあ」 八幡「まあ、21にもなりゃな。 ちっとは変わるさ」 いろは「へええ。 ……ねえ、せんぱい。 私ね、ずっとせんぱいに伝えたかったことがあるんです」 八幡「……なんだよ?」 八幡(まさか告白か?なんて期待をするような俺ではない。 そこら辺の心構えは高校時代から変わらずだ いろは「……ありがとうって、ずっと言いたかったんです」 八幡(だが、一色の口から出た言葉は完全に俺の予想外だった 44: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 だからお前が高校生活楽しめたのは、お前自身のおかげだろ」 いろは「それでもです。 私が私の主観でせんぱいに感謝したいと思ってるからこれでいいんです。 私の感謝、ちゃんと受け取ってください」 八幡「……そうか、どういたしまして」 いろは「それでいいんですっ。 …やっと言えましたー前、再会したときから言おー言おーとは思ってたんですけど。 お酒の力って便利ですねっ」 八幡(そう言って照れるように笑った一色は、いつだったか俺の話に乗ると決めた時のように可愛らしいものだった 45: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 …ったく、ほら肩貸すから掴まれ」ヒョイッ いろは「っ……はあい」 八幡「ん?おい、お前まだ顔真っ赤じゃねえか、ったく、やっぱ飲みすぎなんだよ」 いろは「……私の方が勘違いしますよこれ」ボソッ 八幡「は?なんか言ったか?」 いろは「おんぶしてって言ったんです~。 足もう疲れた~」 八幡「お前学校とバイト以外全ての時間部屋に引きこもってるインドア大学生なめんな。 ほら、行くぞ」 いろは「はーあーいー」 いろは(何年か越しにやっと自覚した私のこの恋心を伝えることができるのは、もうちょっと先の話 終 47: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 2ch.

次の