ドウダンツツジ 剪定 時期。 ドウダンツツジとは

【ツツジの剪定】花が咲き終わったら正しい方法でツツジを剪定しよう!

ドウダンツツジ 剪定 時期

もくじ• たくさんの花を咲かせるツツジ ツツジは毎年色とりどりな花を咲かせてくれるので、お庭に植えている家はとても多いですね。 ツツジは、生け垣などとしても使われることがある強い木なので、刈り込みにも強く難しい剪定が必要ない初心者向けの庭木といえるでしょう。 それでは、まずツツジについてチェックしてみましょう。 種類 常緑樹 最大樹高 2m~3M 成長速度 早い 植栽場所 どこでも育つ お手入れの難易度 とても簡単 水やり 植えて2~3年ほど成長した木は雨だけで十分 花の色 白、ピンク、赤を中心にたくさんの色がある 実 品種に寄って実がなるが食べられない 属種 ツツジ属 ツツジとサツキの違いを調べている人が多いですが、どちらも開花時期が違うだけで大差はありません。 ちなみに、ツツジはネパールの国花に指定されていますね。 ツツジ(サツキ)の剪定をする時期 ツツジの剪定をするのに一番適した時期は花を楽しんだ後の 5月頃~6月頃です。 花後、梅雨から初夏になるとすでに成長が始まっています。 基本的にツツジは 6月頃から成長を初めて花が咲く頃に新芽が付きます。 新芽とは関係なく花芽が付いていますので、花芽が完全に揃ってからから剪定をすると来年の花は期待できなくなります。 もちろん、一気に花芽が付くわけではないので多少花芽を切ってしまっても大丈夫ですが、花の数は減るので注意しましょう。 花が完全に枯れて茶色くなってから刈り込むのも良いですし、花が終わりそうな頃に刈り込むのもどちらでも良いですね。 刈り込んだ後は花ガラは取った方が綺麗になりますが、お手入れが安い植木屋さんなどはそこまで綺麗にしてくれませんね。 ツツジの剪定は簡単ですが、剪定から掃除まですると面倒なので1本だけでも植木屋さんに頼んでみると良いですね。 ツツジを小さくする強剪定をして大丈夫な時期 サザンカを強剪定で小さくするなら花後すぐの成長期が良い時期になります。 枝が成長する時期になるので、強く切ってもまた成長するためリカバリーが早いためですね。 もちろん、2m近くなって大きく広がっているのツツジを一気に小さくした場合は来年の花は期待出来ませんが、時期さえ気をつければ強剪定すすること自体は問題ありません。 大きくなったツツジは一気に切りすぎると内側に葉が無くなってしまい枝だらけになってしまいます。 それでも新芽が出て生えてくる可能性の方が高いですが、大きすぎるツツジを小さくする場合は内側に葉が残る程度で抑えて、2年か3年掛けて小さくする方が安心ですね。 ツツジは低木なので気を抜いてしまいがちですが、蜂の巣が作られていることが多いので剪定の際は蜂が出入りしていないかしっかりと観察しましょう。 ツツジの花が咲く時期 ツツジの花は4月中旬から先始めて、5月頃に開花のピークを迎えます。 花芽は梅雨が終わるころ出来ているので、そのあたりで剪定してしまうと花を楽しむことは出来なくなります。 また、日陰に植わっている場合や直射日光が強すぎる場所の場合も花が少なかったり、場合によっては咲かなかったりしますので、これから植えるのであればできれば半日陰にしておきましょう。 同じツツジでもサツキは6月~7月に開花するので間違って花が咲く前に刈り込まないように注意しましょう。 ツツジの実がなる時期 ツツジは花後の6月頃に実がなりますが、基本的には食べられません。 庭園などに植えられて観賞用に育てられているキリシマツツジなどは小さな緑の実を付けます。 ツツジを植える時期 ツツジはの植え付け時期は3月~4月、または9月下旬から10月が一般的です。 ツツジは日陰でも育ちますが、花が減ってしまいますので、せめて半日陰以上の暖かい場所に植えてあげると良いでしょう。 生け垣にされるほど生命力の強い木ですが、若木の間は西日や乾燥に弱いので、ある程度の湿度を保てるようにしてあげましょう。 ツツジは環境がよくなくても育つ強い木なので、あまり肥料をあげすぎる必要はありません。 ツツジ(サツキ)の苗木の販売価格 正直に言えばツツジやサツキは買って来たものを植える人よりも、山などから枝を取って挿し木で増やしている人も多いですね。 ホームセンターなどで購入しても1株数百円で購入できるでしょう。 ツツジを剪定するだけでも植木屋に頼める すでに大きくなったツツジや自分ではどうしようもない場合は、一本からでもお手入れに来てくれる植木屋さんにお願いしてみるのも良いですね。 たくさん庭木がある中で1本だけという指定も可能ですし、新しく植えたい木の相談にものってくれますよ。 庭木1本からの剪定料金を知りたい場合は、日本各地の植木屋やいろんな業社を比較できる口コミの比較サイトで費用の相場をチェックして依頼すると良いでしょう。

次の

ドウダンツツジの剪定時期と方法!特徴と品種、育て方のポイントも紹介

ドウダンツツジ 剪定 時期

もくじ• 紅葉が綺麗なドウダンツツジとは ドウダンツツジは春には小さな鈴のような花をたくさんつけて、秋には燃えるような赤い紅葉が本当に綺麗な木ですね。 しっかりとお手入れを出来る人であればシンボルツリーとしてもおすすめな木です。 ドウダンツツジは落葉中低木で、一般家庭であれば0. 5m~1mほどで丸く刈り込まれている事が多いですね。 成長が遅い方ですが、放任して育てれば3mほどに大きくなります 種類 落葉中低木 最大樹高 1m~3m 成長速度 遅め 植栽場所 日当たりが良く有機質の多い土壌 お手入れの難易度 簡単 水やり 乾燥に弱いので特に夏場に注意 花の色 赤・白・ピンク・紫など ドウダンツツジの花言葉は「上品」ですね。 ドウダンツツジを剪定する方法や時期 ドウダンツツジの剪定時期は、花後すぐから遅くても梅雨前までです。 6月下旬頃からは翌年の花芽を付けるので梅雨が開けてからでは遅いです。 もちろん、紅葉だけを楽しむのであれば猛暑と酷暑のタイミング以外はいつでも大丈夫です。 丸く刈り込まれているのであれば、 玉から飛び出ている新梢を刈り込みつつ、葉がしっかりと残る部分までなら強めに刈り込みをしても大丈夫です。 一度に強く刈り込むと失敗して葉のない部分まで刈り込んで穴を開けてしまいますので、慣れない内は除々に刈り込むのがおすすめです。 自然樹形で育てるのであればホトンド剪定の必要はありません。 上の写真のような自然樹形の場合は 徒長枝、混み合っている箇所、葉の塊から飛び出ている枝などを付け根から間引き剪定をすれば十分です。 個人的にはドウダンツツジは放任して自然樹形が一番綺麗だと思いますね。 ドウダンツツジの強剪定をして大丈夫な時期 ドウダンツツジは自然樹形で育てていれば、大きくなり過ぎている際に高さを制限する目的で強剪定することも可能です。 花後の剪定で樹形を見ながら小さくすれば良いでしょう。 ただ、太い枝を切った場合はしっかりと癒合剤を忘れないようにしましょう。 しかし、上の写真のような刈り込みで丸く作られたドウダンツツジは強剪定は無理です。 ドウダンツツジの葉は表面から5cmほどしか付いていませんので、それ以上下に刈り込むと丸坊主になってしまいます。 ただ基本的には強い木ですので、写真右側のような株別れしている状態であれば5cm程残して地際で切ってしまっても、土壌などの条件が良ければまた芽が吹き出すことも多いです。 写真の左側のような1本株の場合は、新芽が吹かない可能性が高いです。 ・日当たりが悪すぎる ・乾燥しすぎている ドウダンツツジの枯れる原因として多いのは、乾燥していることが一番多いですね。 ドウダンツツジは根張りが浅いので、土の表面が乾燥してしまうとすぐに樹勢が弱って枯れ始めてしまいます。 特に夏に花芽が付くので、このタイミングで水切れを起こすと枯れやすくなりますので注意しましょう。 また、若木の内は実ができたら取っておかないと実に栄養を取られて樹勢が弱ってしまうこともあります。 手で摘めば取れるので、実ができたら取るようにしておきましょう。 ドウダンツツジの植え付け時期は? ドウダンツツジの植え付け時期は2月から3月、または10月から11月です。 庭植えであれば、水はけが良く、有機質が高い、日当たりの良い場所に植えましょう。 半日陰でも育ちますが、花付きも悪く、綺麗な紅葉も見られません。 根張りが浅いので、深植えせずに浅く広く掘って腐葉土や堆肥などの有機質を十分に混ぜるのが良いです。 特に花芽ができるタイミングの夏の乾燥に弱いので、株元には腐葉土などを被せておくのがおすすめです。 1月から2月に寒肥として緩効性化成肥料を与えます。 ただし、窒素分の多い肥料を与えると葉は茂りますが花付きが悪くなるので注意しましょう。 挿し木は、6月から7月か2月から3月に前年に伸びた枝で行います。 あまり根付きはよくないのでたくさんためしてみましょう。 枝の先端から10cmほどを取って、切り口を1時間ほど水に浸します。 後は、水切れに注意して挿し木用の土に植え日陰で発根を待ちましょう。 ドウダンツツジの病気 ドウダンツツジは乾燥さえ注意しておけば病気に強いので、まず心配はありません。 病気が有るとすれば葉が茶色に変わるサビ病です。 サビ病になった部分は回復することはないので、見つけたらすぐにその部分を切って処分しましょう。 ただ、自然樹形の場合はテッポウムシにやられることがあるので、株元におがくずが落ちていないか定期的にチェックしておきましょう。 また、木の栄養を吸い取るカイガラムシにも注意して下さい。

次の

ドウダンツツジの剪定方法を紹介!時期に注意して整った庭木にしよう|生活110番ニュース

ドウダンツツジ 剪定 時期

・剪定の適期は花後すぐ• ・肥料はチッソ分を控えます• 夏には翌春開花する花芽が作られるので、それ以降に枝を切ることは花芽ごと切り落とすことになり、翌年の花は少なくなります。 適期であれば大きく刈りこんでも翌年の開花に影響は少ないです。 剪定は特に必須ではなく、樹形を気にしなければ放任でも比較的花付きのよい樹木です。 自然に近い樹形を楽しみたい場合は、間延びした枝や枯れ枝、重なり合った枝など余計な枝を付け根から間引く程度の剪定にとどめます。 枝の間引きは枝分かれしている付け根で行います。 中途半端に残すと不自然な見た目になります。 樹形重視の剪定 生け垣や植え込みなど、樹形を重視する場合は特に時期を気にせず剪定を行えます。 一年の流れとして、花後に全体を整える刈り込みを行い、その後は間延びした枝が出てくれば切り詰めて樹形をキープします。 全体の樹形が乱れるようなら、落葉後にも刈りこみます。 丈を抑えたい場合は幹を短く切り詰めます。 幹を切ると最初は少し不格好になりますが、枝をよく出して数年で樹形は回復します。 サラサドウダン、シロドウダンの剪定 サラサドウダンやシロドウダンは刈り込みには適さず、自然樹形で育てるのが一般的です。 花後に余計な枝を枝の付け根から切り落とす程度にとどめます。 日当たり・置き場所 日陰だと枝が密生せずに粗くなり、秋の紅葉時期も葉は美しく色づきません。 日当たりの良い場所から半日陰の場所で育てるようにします。 夏の高温時の直射日光や西日にはできれば当たらない場所のほうがよいでしょう。 冬期は落葉し、耐寒性もあるので特に防寒を行う必要はありません。 水やりと肥料 初夏から夏の花芽が作られるころに水切れさせてしまうと、翌年の花つきが極端に悪くなることがあります。 基本の水やりは「土の表面が乾いたらたっぷり」ですが、地植えで夏に乾きすぎる場合は、株元にワラや腐葉土を厚めに敷いて乾燥を防ぐようにしましょう。 鉢植えは半日陰の場所に移動させます。 肥料はチッソ分が多いと葉ばかり茂りすぎるので、その点を気をつけて油かすと骨粉を4:6くらいに混ぜたもの株元に施します。 時期は2月と9月の年2回です。 9月に与える肥料は少なめにします。 目安として2月の与える肥料が1としたら9月に与える肥料はその半分の量です。 適した土 保湿性のある有機質に富んだ土が適します。 植え付ける場所にはあらかじめ腐葉土や堆肥を混ぜ込んでおきましょう。 鉢植えにする場合は赤玉土(小粒)もしくは鹿沼土6:腐葉土4の割合で混ぜた土を使用します。 植え替え・植え付け 鉢植えにした場合は鉢の中が根でいっぱいになって鉢の底から出てくるようなら一回り大きな鉢に植え替えましょう。 植えつけは落葉期に行いますが、できれば厳寒期は避けます。 細かい根が広く張るので植え穴は大きめにして堆肥や腐葉土を混ぜ込んで深植えにならないよう地際の部分が少々高い位置に来るように山高に植え付けます。 ふやし方 さし木でふやすことができます。 挿し木の適期は新しい枝が十分に充実した6月頃が適期です。 今年伸びた新しい枝を付け根からハサミを使わず手でもぎます。 下の方の葉を取り除いて、鹿沼土を入れた鉢に挿し、直射日光の当たらない風通しの良い場所で乾かさないように管理します。 だいたい2ヶ月くらいで根が生えてきますので翌年の春に植え付けるまでそのままの状態で育てます。 かかりやすい病害虫 害虫:カイガラムシ ハダニ アブラムシ カイガラムシは枝葉につきます。 薬剤が効きにくいので被害が小さい場合はこすり落として駆除します。 ハダニは葉裏に付いて吸汁します。 生育を阻害する上に被害が進むと葉の色がかすり状に抜けたようになり、そうなってしまうと葉がきれいに紅葉しません。 乾燥と高温の環境で発生しやすい害虫です。 アブラムシは春に項、暖かくなると発生し、茎葉について吸汁します。 いずれも定期的に薬剤を散布して予防しましょう。 関連する植物• ツツジ科 壺型の小さな花を房状に咲かせる。 漢字で書くと『馬酔木』。 ツツジ科 壺状の白い花を咲かせます。 果実は球形で、熟すと赤く色づく。

次の