ゆうちょ ビズ ダイレクト。 ゆうちょBizダイレクトで引き落とし出来なかった謎!

ゆうちょBizダイレクトで引き落とし出来なかった謎!

ゆうちょ ビズ ダイレクト

私は、理容組合の支部の会計をしていまして毎月25日に組合費の引き落としを パソコンを使ってインターネットを利用して申請しています。 今回はゆうちょBIZダイレクトという新しいシステムを使っての引き落としだったので 上手く引き落としができるかとても心配でした。 25日に ちゃんと組合費の引き落としができているか自分の郵便口座で確認してみました。 すると「なんということでしょうか!」 引き落としがされていませんでした! 心臓がバクバクものです。 果たして私のだけが、引き落とされなかったのか? それとも組合員全員引き落としされていないのか? もう一度自分の郵貯口座を確認してみましたが、やはり引き落としされていません。 残高は、ちゃんと足りています。 そこで 他の組合員2名の方に電話で引き落とされているかの確認を取ってみました。 するとお聴きした2名は、ちゃんと引き落とされているという事でした。 では、なぜ私の口座からの引き落としができなかったのでしょうか? 考えているうちにゆうちょBizダイレクト担当者が説明されていた事を思いだしました。 今までは、口座番号だけで引き落としがされていましたが、システムが新しくなってからはセキュリティを高めるため口座番号と口座名義人が一致しなくては引き落としされないという事でした。 スポンサーリンク たとえば氏名が「ハヤシ カズヨ」だった場合今までは、「ハヤシ カヅヨ」でも引き落としされていましたが、システムが新しくなってからは、正式には「ズ」だった場合「ヅ」では、引き落としがされませんという事を言われていました。 しかし私の名前は、そういう文字の違いがおこる名前ではありません。 そしてゆうちょBizダイレクトの担当の方が、0円引き落としで通帳名義人に誤りがないかの確認をして頂いていて エラーがでなかったので通帳名義人には、誤りがないはずなのですが? そこで「はっと」思ったが、私の引き落としに使ってる通帳の名義です。 組合費が、引き落とされる郵貯の通帳の名義は、私の名前では無く店名になっていた事を思いだしました。 実際に通帳を確認してみるとサロン名となっていましたので 通帳の名義人の名前が違っていたから引き落とされなかった事がわかりました。 それでは、なぜ0円引き落としをした時に 「氏名相違」 にならなかったのか? そして翌日組合員の引き落とし金額を確認しますと私を含めて3名が、「氏名相違」となっていて引き落としがされていませんでした。

次の

ゆうちょダイレクト+(プラス)のメリットとデメリットとは?違いや変更方法も解説!

ゆうちょ ビズ ダイレクト

郵便局の「ゆうちょ銀行」では、法人口座を開設することが可能です。 利用者の多いゆうちょ銀行では、利用者同士の振込手数料が安い(無料)ということもあって、個人のお客様を相手にする商売の場合、ゆうちょ銀行の口座もあると便利です。 そんなゆうちょ銀行のオンラインバンキングサービスには「ゆうちょダイレクト」と「ゆうちょBizダイレクト」といいう二つのサービスがあり、法人はどちらかを選択することができるようになっています。 今回はそんなゆうちょ銀行の法人口座における「ゆうちょダイレクト」と「ゆうちょBizダイレクト」の違いを比較していきます。 個人口座と同じゆうちょダイレクトと、有料高機能なゆうちょBizダイレクト ゆうちょダイレクトはゆうちょ銀行の標準のオンラインバンキングサービスで、個人用、法人用のどちらも同じです。 一方でゆうちょBizダイレクトは有料となりますが、機能面が強化されています。 契約料金 月額料金 ゆうちょダイレクト 無料 無料 ゆうちょBizダイレクト スタンダードプラン 5,000円 500円 ゆうちょBizダイレクト エキスパートプラン 10,000円 1,000円 いずれも税別。 契約料金は初回だけ必要な料金で、月額料金は毎月必要な料金です。 都市銀行や地方銀行などのオンラインバンキングだと月額1,000円程度の利用料が発生するということを考えると、決して割高とは言えないですね。 通常のゆうちょダイレクトとゆうちょBizダイレクトの違い じゃあ、有料プランと無料プランの違いは何なのか?という話になりますね。 複数人で管理をすることができる• 総合振り込みサービスが使える• 給与振込なら手数料が無料になる(エキスパート) これらが違う点です。 複数人管理で利用者ごとに役割を決められる 複数人でアカウントを管理できます。 経営者、経理担当者、購買担当者といった具合でそれぞれの役割に合わせて権限を付与することが可能です。 それぞれにIDを振り分けすることができ、だれがその作業をしたのかも管理できます。 通常のゆうちょダイレクトであれば、一つのID、PWでしか管理できませんので、複数人での利用には向いていません。 総合振込サービスが利用できる 総合振込サービスは、大量の振込データを一括で送り振込処理をすることができるもので、一般には法人専用サービスです。 給与振り込みなら手数料が無料 エキスパートプラン(月額1,000円)のみ利用できます。 「給与振込」に限り、ゆうちょ銀行同士は手数料無料、他行宛でも100円(税別)で送金できます。 一般的に振込手数料は200円~300円は必要になると考えると、多少安くなります。 人数が多いならその差は結構大きいですね。 小規模な会社なら、通常のゆうちょダイレクトで十分? 個人的には社長一人が中心にお金を管理しているような会社であれば、ゆうちょ銀行の法人口座は無料の「ゆうちょダイレクト」で十分だと思います。 実際、ゆうちょダイレクトでもゆうちょ銀行同士なら月5回までは振込手数料無料です。 そのため、ゆうちょBizダイレクトを申し込む価値があるのは、ゆうちょ銀行同士や他行への振込回数が何十回以上というような会社さんでしょうか。 ちなみに、私の会社はいまでも「ゆうちょダイレクト」のままです。

次の

ゆうちょBizダイレクトで引き落とし出来なかった謎!

ゆうちょ ビズ ダイレクト

ゆうちょBizダイレクトとは 各種照会・送金等のオンラインサービスや、総合振込・給与振込等の伝送サービスを利用できる、法人向けのインターネットバンキングサービスです。 『弥生給与』で初めて振込データの出力を行う場合([金融機関]を登録していない) 金融機関の登録など事前に設定を行い、データ出力してください。 詳細は を参照してください。 既に[金融機関]を登録している場合 はじめに、以下の手順でゆうちょ銀行の登録状況を確認します。 クイックナビゲータの[導入]カテゴリから[金融機関]をクリックします。 ゆうちょ銀行の登録状況を確認します。 [銀行等]ボタンで作成した「ゆうちょ銀行」を利用している場合 [銀行等]ボタンで作成したゆうちょ銀行(銀行のアイコン)を登録している場合は、[ファームバンキングデータ出力]の際に[振込先金融機関]を[銀行口座(銀行から銀行へ振り込む)]として出力してください。 詳細は を参照してください。 [郵便局]ボタンで作成した「ゆうちょ銀行」を利用している場合 [郵便局]ボタンで作成したゆうちょ銀行(赤いポストのある郵便局のアイコン)を登録している場合は、[金融機関]の設定を変更してからデータ出力してください。 詳細は を参照してください。

次の