膀胱 炎 の 原因 女。 女性が膀胱炎になるとオリモノに症状は出る?原因は性行為って本当?|おりものケアサイト

女性が膀胱炎になるとオリモノに症状は出る?原因は性行為って本当?|おりものケアサイト

膀胱 炎 の 原因 女

トイレに行く回数が多すぎる、排尿直後に痛みがある……それは膀胱炎かもしれません 膀胱炎はその名のとおり、尿をためる臓器である「膀胱」の粘膜に炎症が起こる病気で、大体は細菌によるものです。 「」という報告もあります。 特徴的な症状は「頻尿」と「痛み」。 具体的には、• トイレに行ったばかりなのに、またトイレに行きたくなった• トイレに行っても行っても、まだ尿が残っている気がする• 尿の終わりに痛みがある などの症状が特徴です。 また、尿が白く濁ったり血が混じることもあります。 熱は普通は出ません。 ただ、これは急性の膀胱炎の症状。 慢性化すると、症状自体は急性膀胱炎ほど激烈ではなくなりますが、尿に白い浮遊物が混じったり、なんとなくすっきりしない感じがずっと続くといった症状になります。 膀胱炎の原因・女性に膀胱炎が多い理由 膀胱炎の原因は女性のカラダの構造や、冷えや疲れなどが挙げられます。 菌の種類としては自分の便の中にいる大腸菌が最多。 また、女性は男性に比べて尿道口が肛門に近いので、いっそう細菌が膀胱に入るリスクが高まります。 もともと膀胱粘膜には細菌に対する防御力が備わっているので、普通、膀胱に細菌が入ってもすぐには膀胱炎にはなりません。 しかしトイレを長時間我慢して膀胱が伸びきったり、長時間にわたって冷えたりすると、膀胱内の血流量が減って、防御機構が弱くなり、細菌が繁殖して膀胱炎になりやすくなるようです。 ストレスなどで疲れて免疫力が落ちることでも、膀胱炎を発症しやすくなります。 更年期の女性に多いことも知られていますが、一因として、ホルモンの減少により、膀胱粘膜が薄くなり粘膜の下の組織が出血しやすくなるためなどと言われています。 前述したとおり、膀胱炎の菌は大体決まっているので、その菌を殺すための抗生物質を処方してもらい、数日間きちんと飲めばたいてい治ります。 また、2~3日で症状が軽快するのでその時点でお薬を飲むのを止めてしまいがちですが、細菌をある程度死滅させないと、再発を繰り返す可能性が高くなるので、きちんと処方された日数服用するようにしましょう。 より具体的な治療法、再発予防法については、「」をご覧下さい。 膀胱炎の再発予防法・注意点 膀胱炎は再発しやすく、「疲れると症状が出る」といったことが続くこともありますので、再発が気になる人は無理をしすぎないように気をつけましょう。 また、などや、膀胱、尿道狭窄、膀胱がんなどの泌尿器科系の病気が隠れていることもあるので、あまりにしつこい場合は病院で相談してくださいね。 もっと詳しく知りたい方は、「」「」「」などもあわせてご覧ください。

次の

【医師監修】性行為で膀胱炎になることがあるってホント?

膀胱 炎 の 原因 女

性行為が原因で膀胱炎を発症することがある 膀胱炎は、膀胱に侵入した細菌が増殖して炎症を起こす病気で、発症すると排尿痛や頻尿、血尿といった症状がみられます。 性行為が原因で膀胱炎を発症してしまうのは、腸や腟に付着していた細菌を尿道に押し入れてしまうことがあるためです。 また、不潔な状態で性行為をすると、身体についていた細菌が尿道から侵入し、膀胱にまで達してしまうこともあります。 ちなみに、膀胱炎は誰でも発症する可能性がある病気ですが、身体の構造上、男性より女性のほうが発症しやすいと言われています。 これは、女性の尿道が短いのに加えて、尿道のすぐ近くに腟や肛門があるため、外から細菌(大腸菌であることが多い)が膀胱に侵入しやすいためです。 膀胱炎の症状 膀胱炎は以下のような症状が現れるのが特徴です。 性行為のあとにこれらの症状が出たときは、病院を受診して適切な検査・治療を受けましょう。 また、膀胱炎を繰り返さないためにもコンドームを着用する・性行為前の入浴を徹底するなど性行為の在り方についてパートナーと話し合うことも大切です。 下腹部痛• 発熱(37. 5度前後の微熱が多い)• 頻尿、残尿感• 尿の濁りや血尿• 排尿痛 性行為による膀胱炎、どうすれば予防できる? 性行為がきっかけで膀胱炎にならないよう、以下のことに気をつけましょう。 性行為の前後は、必ずお風呂やシャワーで身体を清潔に 自分自身はもちろん、パートナーもお風呂やシャワーで身体を清潔にしましょう。 性行為の後は必ずトイレへ トイレに行って排尿すれば、性行為中に尿道や膀胱に入ってしまった細菌を洗い流すことができます。 また、水分を多めに飲んで、排尿量を増やすこともおすすめです。 コンドームをつける コンドームをつけると細菌などが体内に侵入するリスクを下げることができるため、避妊だけでなく、膀胱炎を始めとする病気の予防にも効果があります。 疲れているときは性行為をしない 膀胱炎は細菌に対する抵抗力が落ちているときに発症しやすくなります。 疲れているときや、睡眠不足が続いているときは性行為を控えましょう。 おわりに:性行為が膀胱炎の原因になることを知っておこう 性行為が原因で発症する病気として、まっさきに思い浮かぶのは性感染症かもしれませんが、この記事で解説したように、膀胱炎を発症することもあります。 性行為の前後にシャワーなどで身体を清潔にするのはもちろん、コンドームを使って予防しましょう。 また、性行為をきっかけに膀胱炎になることが多いという人は、繰り返さないためにもパートナーと性行為についてきちんと話し合ってくださいね。

次の

女性の膀胱炎・尿道炎・尿もれ、原因と対処法とは

膀胱 炎 の 原因 女

それまで健康だった若い女性などが経験する膀胱炎は、ほとんどが急性単純性膀胱炎だと考えられます。 ここでは細菌によって引き起こされる急性単純性膀胱炎について解説します。 急性単純性膀胱炎は放っておいても自然に治ってしまうケースが多い病気ですが、中には腎臓まで感染が進んでになるケースもあります。 膀胱炎の原因は? は通常、尿道から細菌が侵入して生じます。 膀胱炎の原因としては、疲労やストレス、性的活動などが考えらえています。 女性は、尿道と肛門が近いため、雑菌が尿道から入りやすく、男性よりも膀胱炎になりやすい構造をしています。 そのため女性の場合、原因となる菌は大腸菌がもっとも多いです。 膀胱炎はどんな症状? の症状としては、以下のようなものがあります。 尿意切迫感(突然耐え難い強い尿意を感じる)• 排尿痛• 尿の混濁• 残尿感• 下腹部の不快感や痛み 膀胱炎単独で発熱を伴うことはありません。 また膀胱炎の症状は、近年よく耳にする「 OAB 」とよく似ています。 ただし、尿路感染や膀胱に器質的異常のある人(や膀胱結石など)は、基本的にOABと診断されることはありません。 膀胱炎の検査から診断まで• 尿沈査(にょうちんさ) 通常、尿沈渣と呼ばれる検査を行うことによって、尿中の白血球や細菌を確認します。 尿培養検査 尿培養検査によって、の原因となっている菌を特定し、各種抗菌薬への感受性を知ることができます。 結果が出るまで時間を要するため、出たときには既に治っていることも多いですが、近年薬に耐性を持つ菌が増加傾向にあるため、最初に選択された抗菌薬が無効であった際などに有益な検査です。 膀胱炎の治療は? の治療方法としては、抗菌薬(ニューキノロン系、セフェム系)を内服します。 膀胱炎は通常、抗菌薬内服を開始して数日で症状の改善が見られます。 ただし、ニューキノロン系の薬は膀胱炎に対して頻繁に使用される抗菌薬ですが、その多くは妊婦への投与が禁忌とされています。 膀胱炎は可能な年齢の女性が発症することが多いため、必ず妊娠の可能性の有無を医師に伝えましょう。 繰り返し膀胱炎になる時は? が一旦は治ったのに、しばらくすると再び同様の症状が出て尿検査でも膀胱炎と診断された場合、そのほとんどは急性単純性膀胱炎の再発と言われています。 しかしそのようなケースの中には、膀胱炎を引き起こす別の病気を患っている複雑性尿路感染の場合があります。 繰り返し膀胱炎になっている場合は、必ずあらためて泌尿器科を受診しましょう。

次の