ゴルフ スイング 連続 写真。 ゴルフスイング!プロとアマの違いはここだ!プロの連続写真を参考にして違いに迫る!|ゴルニュー

インパクトの精度が上がる!イ・ボミのアイアンスイング(連続写真)

ゴルフ スイング 連続 写真

腰を止めるのではなく、 腰の回転を抑えること 私たちの時代は腰を回転し続けると教わりましたが、今の時代は小祝選手のようにインパクトで腰の回転を抑えることでヘッドを走らせる選手が多いです。 クラブと体を同時に下ろし始め、腰を止めるという意識はせずに手元が腰まできたらとにかく手を振ること。 シャフトの進化もあると思いますが、そのしなりを使うことでヘッドが走り、ヘッドスピードを最大にするということが感じられるスイングです。 それが小祝選手の振り抜きを作っています。 テークバックで右手首の甲を上向きにしてしまうことで、ダウンスイングフォローにかけて手首を回して球をつかまえにいく動きが出てくる。 トップで右手の甲を頭の方に向かせるだけで、もっとシンプルなスイングになる。 球に力を伝えられるオンプレーンスイング 一言でオンプレーンと言っても、体格やクラブの長さによって多種多様。 オンプレーンとはクラブに1番力が伝わるスイング軌道であり、ヘッドのブレを最小限に抑えるスイングです。 新垣選手のオンプレーンを作っているのはテークバックでのヘッドと手元の位置です。 ハーフウェイバックで手元とヘッドが重なるようにテークバックできれば体格に関係なくオンプレーンにクラブが上がっている証拠です。 ヘッドのブレを少なくすることで、振り抜けるスイングが完成します。 体とクラブを一体化できるので、体で回転するダウンスイングになり、ヘッドを振り抜くことができます。 体で打てるスイングは肩のポジションが大事 黄金世代はトップで両肩をしっかり90度回転している形がとてもキレイな選手が多いです。 特に河本選手は肩を回そうという意識が感じられない、自然なトップができています。 河本選手のように、アドレスの始動から両肩の間隔をキープしたまま回す意識を持つことで、トップで両肩をしっかり回すことができます。 ヘッドを振り抜くためには体全体を使えるトップがとても大事になってきます。 【関連】 大里桃子のドライバースイング連続写真 小柄な分、インパクトでは両ヒザを思い切り伸ばすことで、ヘッドを走らせてヘッドスピードを上げている。 ヒザを伸ばす反動でヘッドと自分の頭が引き合っている形を作ることも、振り抜ける要因となっている。 体が流れるのを両足を使って我慢 淺井選手は、152㎝と小柄な選手なので、切り返しから腰を回転し続けると、ヘッドが垂れてしまいインパクトが間に合わなくなってしまいます。 ダウンスイングで両ヒザを伸ばしきらずにクラブだけを下ろし、そこから両ヒザを思い切り伸ばし、体の回転でインパクトしています。 両ヒザを曲げたまま粘ることは、そう簡単にできることではありません。 小柄な彼女の努力を感じ取れるスイングです。 【関連】 吉本ひかるのドライバースイング連続写真.

次の

ゴルフスイングが上達する! ツアープロの連続写真で解説する飛ぶ・曲がらない・操るドライバーショットのコツ

ゴルフ スイング 連続 写真

お尻の動きによって、捻転を深くしている 身長178㎝と、決して大柄とは言えないマキロイ。 しかし、飛ばし屋揃いの米国PGAツアーでも2年連続で平均飛距離1位の成績を残しています。 そのスイングの特徴は、左サイドのカラダを使った高速ターンにあると言えるでしょう。 実際にマキロイのスイングデータを解析すると、骨盤の回転スピードがすごく速いそうです。 ですが、スイングを見ると骨盤の回転はダウンスイングの初期までで、それ以降はどちらかというと上半身主体で、左ヒジの運動量でクラブを振り抜いています。 注目は、テークバックで手元が低い位置から左ヒジをぐっとカラダに引きつけて、引きつけたままフィニッシュまで一気に振り抜いているところ。 そのパワーを生んでいるのは、左のヒップです。 テークバックでぐっと左のヒップに力を入れ、カラダの左サイドを捻転させています。 手を低い位置からなにかを引っ張るように上げることで、左ヒジの引きつけが可能になりますし、ヒップの力を十分に使うことができるので、インパクトでパワーが生まれるのです。 ローリー・マキロイのドライバースイングのマネどころ 左ヒジを右手で抑えて素振りすると力感がイメージできる 低い位置から引っ張るように左ヒジを引き付けることで、左のヒップの力が使えてインパクトまで最大限にパワーを蓄積できる。 マキロイのスイングイメージは、実際に左ヒジを体に付けたままスイングすることで体感できます。 腕がカラダから離れると、体の筋肉が使えないことがわかるでしょう。

次の

全英制した渋野日向子の「世界一スイング」連続写真

ゴルフ スイング 連続 写真

お尻の動きによって、捻転を深くしている 身長178㎝と、決して大柄とは言えないマキロイ。 しかし、飛ばし屋揃いの米国PGAツアーでも2年連続で平均飛距離1位の成績を残しています。 そのスイングの特徴は、左サイドのカラダを使った高速ターンにあると言えるでしょう。 実際にマキロイのスイングデータを解析すると、骨盤の回転スピードがすごく速いそうです。 ですが、スイングを見ると骨盤の回転はダウンスイングの初期までで、それ以降はどちらかというと上半身主体で、左ヒジの運動量でクラブを振り抜いています。 注目は、テークバックで手元が低い位置から左ヒジをぐっとカラダに引きつけて、引きつけたままフィニッシュまで一気に振り抜いているところ。 そのパワーを生んでいるのは、左のヒップです。 テークバックでぐっと左のヒップに力を入れ、カラダの左サイドを捻転させています。 手を低い位置からなにかを引っ張るように上げることで、左ヒジの引きつけが可能になりますし、ヒップの力を十分に使うことができるので、インパクトでパワーが生まれるのです。 ローリー・マキロイのドライバースイングのマネどころ 左ヒジを右手で抑えて素振りすると力感がイメージできる 低い位置から引っ張るように左ヒジを引き付けることで、左のヒップの力が使えてインパクトまで最大限にパワーを蓄積できる。 マキロイのスイングイメージは、実際に左ヒジを体に付けたままスイングすることで体感できます。 腕がカラダから離れると、体の筋肉が使えないことがわかるでしょう。

次の