日比谷線 運行状況。 東武線運行情報

日比谷線で遅延が多い原因を調査! 主要な理由は2つ

日比谷線 運行状況

また、運転区間の一部列車に運休が出ています。 なお、7月18日に運転を再開する見込みです。 なお、8月8日に運転を再開する見込みです。 なお、7月23日に運転を再開する見込みです。 また、運転区間の一部列車に運休が出ています。 なお、工事期間は2021年2月28日までの予定です。 また、土休日は6番本町線の全列車が運休となります。 また、最終の時間が変更となっています。 また、運転区間の一部列車に運休が出ています。 なお、バス代行輸送を行います。 また、運転区間の一部列車に運休が出ています。 また、運転区間の一部列車に運休が出ています。 また、運転区間の一部列車に運休が出ています。 なお、7月20日に運転を再開する見込みです。 また、運転区間の一部列車に運休が出ています。

次の

東京メトロ日比谷線運用情報

日比谷線 運行状況

発信時刻 内容 07月09日 09時01分 現在、平常どおり運転しています。 07月09日 06時38分 【女性専用車両中止】 6時05分頃、東武伊勢崎線内で地震のため、女性専用車両を中止しています。 07月04日 12時00分 現在、平常どおり運転しています。 07月04日 10時44分 【一部列車遅延】 9時03分頃、中目黒駅で人身事故のため、一部の列車に遅れが出ています。 07月04日 09時56分 【ダイヤ乱れ】 9時03分頃、中目黒駅で人身事故のため、ダイヤが乱れています。 只今、東京メトロ線、都営地下鉄線、JR線、東急線、東武線、京成線、小田急線、りんかい線、つくばエクスプレス線、北総線に振替輸送を実施しています。 詳しくは、駅係員にお尋ねください。 07月04日 09時42分 【運転再開・ダイヤ乱れ】 9時03分頃、中目黒駅で人身事故のため、運転を見合わせていましたが、9時40分頃、運転を再開し、ダイヤが乱れています。 只今、東京メトロ線、都営地下鉄線、JR線、東急線、東武線、京成線、小田急線、りんかい線、つくばエクスプレス線、北総線に振替輸送を実施しています。 詳しくは、駅係員にお尋ねください。 07月04日 09時17分 【折返し運転】 9時03分頃、中目黒駅で人身事故のため、折返し運転を行っています。 全線での運転再開は、10時10分頃を見込んでいます。 折返し運転区間 東武線内〜恵比寿駅間 只今、東京メトロ線、都営地下鉄線、JR線、東急線、東武線、京成線、小田急線、りんかい線、つくばエクスプレス線、北総線に振替輸送を実施しています。 詳しくは、駅係員にお尋ねください。 07月04日 09時11分 【運転見合わせ】 9時03分頃、中目黒駅で人身事故のため、全線で運転を見合わせています。 運転再開は10時10分頃を見込んでいます。 只今、東京メトロ線、都営地下鉄線、JR線、東急線、東武線、京成線、小田急線、りんかい線、つくばエクスプレス線、北総線に振替輸送を実施しています。 詳しくは、駅係員にお尋ねください。 07月01日 15時05分 現在、平常どおり運転しています。 07月01日 14時11分 【ダイヤ乱れ】 13時45分頃、中目黒駅で架線に飛来物のため、ダイヤが乱れています。 只今、東京メトロ線、都営地下鉄線、JR線、東急線、東武線、京成線、小田急線、りんかい線、つくばエクスプレス線、北総線に振替輸送を実施しています。 詳しくは、駅係員にお尋ねください。 07月01日 13時55分 【運転再開・ダイヤ乱れ】 13時45分頃、中目黒駅で架線に飛来物のため、運転を見合わせていましたが、13時53分頃、運転を再開し、ダイヤが乱れています。 只今、東京メトロ線、都営地下鉄線、JR線、東急線、東武線、京成線、小田急線、りんかい線、つくばエクスプレス線、北総線に振替輸送を実施しています。 詳しくは、駅係員にお尋ねください。 07月01日 13時48分 【折返し運転】 13時45分頃、中目黒駅で架線に飛来物のため、折返し運転を行っています。 全線での運転再開は、14時05分頃を見込んでいます。 折返し運転区間 東武線内〜霞ケ関駅間 只今、東京メトロ線、都営地下鉄線、JR線、東急線、東武線、京成線、小田急線、りんかい線、つくばエクスプレス線、北総線に振替輸送を実施しています。 詳しくは、駅係員にお尋ねください。 07月01日 13時46分 【運転見合わせ】 13時45分頃、中目黒駅で架線に飛来物のため、全線で運転を見合わせています。 運転再開は14時05分頃を見込んでいます。 只今、東京メトロ線、都営地下鉄線、JR線、東急線、東武線、京成線、小田急線、りんかい線、つくばエクスプレス線、北総線に振替輸送を実施しています。 詳しくは、駅係員にお尋ねください。 注意1 この情報は、常に更新しておりますが、実際の運行状況と本ページの情報が異なる場合があります。 本ページの情報に基づくお客様の判断によって発生した損害に対する責任は一切負いかねますので、あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。 注意2 この運行情報を無断で転載・複写すること、また体裁を変更するなどしてホームページ等で公開することを固く禁じます。

次の

東京メトロ日比谷線

日比谷線 運行状況

概要 [ ] (昭和36年)に、 - 間3. 7kmで開業。 当時はが運営していた。 (昭和37年)のにおいて、 東京2号線は「 中目黒方面より六本木、霞ケ関、築地、茅場町、上野及び三ノ輪の各方面を経て北千住方面に至る路線」として示された。 (昭和47年)のでは終点が に改められ、以北は を化することとされた。 その後、(昭和60年)のでは - 間の東武線複々線化が示されている。 このうち、 - 北千住駅間は日比谷線として順次開業した。 都内の北東の北千住駅と西南の中目黒駅を、途中を中心として・・・・などを経由して結ぶ路線である。 北千住駅 - 南千住駅間は、を渡るため地上区間になっている(隅田川を横断する地下鉄の中では唯一地上で橋を渡る路線である)。 ほとんどが開削工法で建設されたため、は半径200m以下で90度曲がるような急カーブが連続する。 基本的には道路の下を通っているものの、カーブのため道路から大きくはみ出す箇所も複数存在する。 (昭和39年)のに全線開通を間に合わせるため、突貫工事で建設された。 北千住駅では、東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)および同線経由でとを行っている。 (25年)3月15日までは、中目黒駅でとも相互直通運転を行っていた(後述)。 日比谷線の建設が計画された当初は、東急東横線からの直通列車は8両編成、東武伊勢崎線からの直通列車は6両編成で対応できると見られていた。 これは、東急東横線沿線は宅地開発が進んでいた一方、東武伊勢崎線沿線は宅地開発が進んでいなかったためである。 このため、中目黒駅 - 間は各駅のホームが8両編成対応で建設され、八丁堀駅には8両編成列車の折り返しが可能な引き上げ線が北千住寄りに設けられた。 それ以北( - 北千住駅間)は6両編成対応で建設された。 ところが、当初の予想とは逆に伊勢崎線が日比谷線と繋がったことにより、伊勢崎線の利便性が飛躍的に向上し、沿線の宅地開発が急速に進み、同線からの旅客が急増したため、八丁堀駅以北のホームと伊勢崎線直通列車の8両編成化などの輸送力増強が急がれたエピソードがある。 6両編成対応で建設が進んだ茅場町駅 - 北千住駅間の一部の駅で中目黒方面行きと北千住方面行きとでホームの位置がずれているのは、このためである。 一方、東急東横線からの直通列車利用客は、同線の終着駅であるまで利用する乗客も多かったため、東武伊勢崎線からの直通利用客ほど増加はしなかった。 2020年度から2022年度にかけて設置工事を実施する予定である。 路線データ [ ]• 路線距離():20. 3km• :1,067mm• 駅数:22駅(起終点駅含む)• 複線区間:全線• 電化区間:全線(直流1500V)• :速度制御式()• 方式: IR 方式• 平均速度:34. :28. 最小曲線半径:126m(茅場町駅 - 人形町駅間)• :・(東武伊勢崎線内)• 工場:(内)• 地上区間:中目黒駅付近・三ノ輪駅付近 - 北千住駅付近 計2. 9km 沿革 [ ]• (32年)• :都市計画第2号線(日比谷線)の建設計画を決定。 :日比谷線開業後に相互直通運転することを3事業者(営団・東武・東急)の合意とする。 (昭和33年):用地交渉を開始。 (昭和34年):工事着工。 (昭和35年):2号線を日比谷線と呼称決定。 (昭和36年):南千住駅 - 仲御徒町駅間 3. 7km 開業。 車両営業運転開始。 (昭和37年)• :公開試験運転を実施。 :北千住駅 - 南千住駅間 2. 1km および仲御徒町駅 - 人形町駅間 2. 5km 開業。 まで相互直通運転開始。 (昭和38年):人形町駅 - 東銀座駅間 3. 0km 開業。 (昭和39年)• :霞ケ関駅 - 恵比寿駅間 6. 0km 開業。 :恵比寿駅 - 中目黒駅間 1. 0km 開業。 :東銀座駅 - 霞ケ関駅間 1. 9km 開業により全線開通。 まで相互直通運転開始。 (昭和41年):東武伊勢崎線への乗り入れ区間をまで延長。 終日6両編成での運転を開始。 (昭和43年):が発生、以後鉄道車両のが強化される。 (昭和45年)7月:を導入(日比谷線はシルバー)。 なお、それ以前は路線図において紫色で表示されていた。 (昭和46年):終日8両編成での運転を開始。 (昭和47年):。 (昭和56年):東武伊勢崎線への乗り入れ区間をまで延長。 (昭和63年)• :車両営業運転開始。 同年には・の営業運転もそれぞれ開始され、3事業者揃って新型車両への代替が始まる。 :東急東横線日吉駅の改良工事に伴って同駅南側(方)の引き上げ線が一時的に撤去されるのに伴い、東急東横線への乗り入れ区間をまで延長。 (2年):03系5扉試作車の営業運転を開始。 (平成3年):東急東横線日吉駅の改良工事完成に伴い、東急東横線への乗り入れ区間を日中のみ日吉駅までに変更し、菊名駅への乗り入れは朝夕ラッシュ時のみとなる。 (平成4年):発生。 (平成6年):3000系車両が引退。 (平成7年):発生。 当線は、、、、など、営団路線の中で最も大きな被害が発生し、終日運休となった。 (平成8年)7月23日 北千住駅の改良工事の大部分が完成し、日比谷線の発着は1階の東武線ホームから3階のホームに分離される(全体の完成は1997年3月)。 (平成9年):営団地下鉄で初のイベント列車「ドリームエクスプレス'97」が東急東横線日吉駅 - 霞ケ関駅間で往復運行される(なお、やでも同様のイベントが同時に行われた)。 (平成12年):中目黒駅付近で()発生、5人が死亡した。 営団時代に発生した事故の中で唯一、乗客に死者が出た事故である。 (平成13年)3月28日:東武伊勢崎線北千住駅 - 北越谷駅間の複々線化工事完成および東急東横線の「特急」運転開始に伴うダイヤ改正を実施。 東急東横線との相互直通列車の本数が削減される。 (平成15年)• :日比谷線直通中目黒行きの始発列車が朝に1本のみ設定される。 :開業以来使用していたを新CS-ATCに切り換え、ダイヤ改正を実施。 (平成16年):が民営化し、東京地下鉄(東京メトロ)になる。 (平成18年)• :平日7時30分から9時まで北千住駅を発車する中目黒方面行き(東武伊勢崎線からの直通列車を含む)でを導入した。 運用は中目黒までで、9時の時点で一斉終了となる。 9月24日:東急東横線の高架化に伴い、元住吉検車区に出・入庫する全列車が元住吉発着から発着に変更となる。 (平成19年):東急東横線のダイヤ改正での目黒線延伸による工事の関係上日吉駅の2・3番ホームが一時使用停止となったため、日中の日吉駅発着列車を菊名駅発着に変更する。 (平成23年)• :同月11日に発生したによる発電所の停止に伴う電力供給逼迫のため、がを実施。 これに伴い、この日から東武伊勢崎線・東急東横線との相互直通運転が休止される。 3月28日:東武伊勢崎線との相互直通運転が全面的に再開される。 :東急東横線との相互直通運転が平日の朝・夕ラッシュ時のみ再開される。 :東急東横線との相互直通運転が全面的に再開される。 (平成25年)3月16日:東急東横線ととの直通運転開始に合わせ、東急東横線との相互直通運転を終了する。 同時に、東武線への相互直通運転区間をの南栗橋駅まで延長。 秋葉原駅とを連絡駅に指定。 (平成29年)• :20m級片側4ドア7両編成のが本格営業運転開始。 :20m級片側4ドア7両編成のが営業運転開始。 (平成30年)• :日中時間帯の13000系による列車2往復で、車内の試行運用開始。 3月17日:と半蔵門線および築地駅と有楽町線を連絡駅に指定。 (2年)• :車両が引退。 :18m車の運行が終了。 :20m車への統一と同時に運転を開始。 神谷町駅 - 霞ヶ関駅間にが開業。 開業と同時に銀座線との乗り換え業務を開始。 銀座駅ととの乗り換え業務を開始。 有料座席指定列車「」を運行開始。 運行形態 [ ] 列車内ドア上にある次駅案内と路線案内(03系電車、2013年3月15日までのもの) 定期列車の大半がであるが、平日・土休日ともに朝方に上り方面2本、夕方 - 夜間に下り方面5本のを使用した有料座席指定列車「」の運行がある。 - 間の所要時分は43分(は28. 平日朝夕ラッシュ時間帯は約2分間隔、日中時間帯は5分間隔の高頻度で運行されている。 大半の列車が全区間を通して運行するが、一部時間帯にはを始発・終着とする列車や、東武線からおよび北千住発の・行き、中目黒発における終電およびその直前には行きの列車が設定されている。 直通運転 [ ] 終着駅である北千住駅において、(東武スカイツリーライン)を経由してまでを実施している。 また「THライナー」のみ伊勢崎線 - 間と直通運転を行う。 日中時間帯の運転間隔は、10分の間に線内列車と東武伊勢崎線直通列車が交互に運行されている。 東武伊勢崎線直通列車は1時間あたり東武動物公園駅発着列車が4本、南栗橋駅発着列車が2本運行されている。 2003年3月19日に設定された朝の南栗橋発の上り1本を除き、長らく東武動物公園駅までの直通運転であったが、から南栗橋駅まで相互直通運転区間が延長された。 日中は上下線ともとで急行(経由直通)に接続し、南栗橋発着列車は東武動物公園駅で発着の急行に接続する。 日中の - 東武動物公園駅間の普通列車は全列車が日比谷線直通である。 朝夕には途中の竹ノ塚駅、、を始発・終着駅とする列車も運転されている。 乗り入れ区間の営業キロは44. 3km(うち日光線10. 4km)。 2013年3月16日のダイヤ改正までは、日中時間帯の東武伊勢崎線直通列車は北越谷駅発着と東武動物公園駅発着が交互運転で走っていた。 2003年3月19日の半蔵門線と東武伊勢崎線との相互直通運転開始前は、現在よりも2本多く東武伊勢崎線直通列車が設定されていたが、準急と接続する駅は統一されていなかった。 東京都内から北へ約40km。 埼玉県の南栗橋駅まで乗り入れる。 東京メトロの車両()の車両基地は、南千住駅に隣接すると東武伊勢崎線内の竹ノ塚駅に隣接するにある(ただし、全般検査・重要部検査といった定期検査は、半蔵門線所属車両と同じくで行う)。 竹ノ塚の車両基地は、かつての東武鉄道西新井車庫を営団が譲り受けたものである。 2013年3月16日改正ダイヤでは、自社車2本が東武の春日部支所で、東武車2本が千住検車区でそれぞれとなる「外泊運用」が組まれている。 運用番号の末尾は、東武車が T、自社車が Sである。 運用番号は東武車が 01T - 37Tの奇数、自社車が 02S - 72S の偶数と 61S・63S・65Sである。 (まれに東武車によるメトロ内運用で末尾Sが存在する〈2017年7月30日現在602Sなど〉) なお、2013年3月15日までは、もう一方の終着駅である中目黒駅からまでの相互直通運転を行っていたが、東急東横線ととの相互直通運転を開始した翌16日からは、 東急東横線との直通列車は設定されていない。 ドア数や車両の長さが副都心線及び東横線の標準的な車両とは異なる、東横線へのホームドア設置に際して弊害となる、東横線の輸送規模の容量を超過するなど、東横線に副都心線と日比谷線の乗り入れを共存させることは問題点が多い。 なお、現在の新型車両はドア数や車両の長さが副都心線及び東横線の標準的な車両と同じであり、東横線に副都心線と日比谷線の乗り入れを共存しやすくなったが、2016年の車両公開時の取材に対して、東京メトロの関係者は「特に(直通運転の)予定があるわけではない」と述べている。 かつての東急東横線内乗り入れ区間の営業キロは16. 6km。 早朝および夕方は10分から15分間隔でまたは菊名駅発着、日中は30分間隔で菊名駅発着であり、途中駅ので特急の通過待ちを行っていた。 直通列車は、東横特急運転開始前は日中15分間隔であったが、の東横特急運転開始と同時に、日中は30分間隔となるなど、本数が削減され、同時にによる日比谷線内折り返し列車(中目黒行き)が設定されるようになった。 この本数削減の代わりに、中目黒駅で東急東横線との接続が考慮された。 以降は中目黒駅に全列車が停車するようになり、さらに接続の改善が図られた。 東急東横線との相互直通運転が終了した後も、日比谷線所属車両の定期検査は東急田園都市線に隣接する東京メトロにおいて行われるため、東急線(東横線・目黒線・大井町線・田園都市線)を経由する回送ルートが組まれている。 東急車の運用番号の末尾は Kであり、運用番号は81K - 85Kで設定されていた。 臨時列車 [ ] ゴールデンウィークやクリスマスなどのシーズンには、菊名駅を超えてのまで直通する「 」を運転した。 この臨時列車は、日比谷線内でも急行列車として運転し、途中の停車駅は・・・・・八丁堀駅・・・・霞ケ関駅・六本木駅・恵比寿駅であったが、2007年のみなとみらい号からは日比谷線内各駅停車に変更されている。 車両は東急1000系が使用された。 日比谷線における臨時急行列車は、2003年12月に「号」として急行運転(停車駅はみなとみらい号と同じ)を行ったことがあったが、その際の車両には日比谷線03系車両が使用されていた。 車両 [ ] 日比谷線の車両は、建設当時既に20m車を標準としていた東武から20m車規格が提案されたが、当時の営団がルート上に急曲線が設定できることから用地買収がより容易となる18m車の採用に傾いたため、協議の末に18mが採用された。 東急は当時18m車が標準であった が、東横線では既に20m車の走行実績があった。 しかし、その後3社とも20m車が標準となる中、東武、東急とも18m車の日比谷線乗り入れ専用車両を製造して乗り入れる状況が続いた。 また、建設当時の東急東横線が最大6両編成であったことから当初は6両編成を前提に建設されたが、建設途中から8両に変更されている。 車両の扉数は片側3扉が標準であったが、東京メトロおよび東武の一部車両は編成の両端2両ずつを5扉としてラッシュ混雑時の乗降時間の短縮を図った。 北千住駅 - 上野駅間は用車両の試運転などでの入線実績があり 、当初から20m車の入線が可能となっている区間もあった。 その後、全線のトンネル内の再測定の結果、信号機や標識の移設などの一部手直しで20m車の走行が可能であることが確認されたこともあり、東京メトロ・東武とも、20m車7両編成4扉の新型車両(、)を導入することとし、両社で仕様の統一を図り車両の置き換えを進めることとした。 これは日比谷線内・東武線内のホームドア導入に際し、車両長を20m車に統一させる必要があったためである。 製造は13000系・70000系ともにである。 2017年3月25日より、13000系が営業運転を開始。 2017年7月7日からは、東武70000系が運行を開始した。 また、2020年3月20日より、THライナー(2020年6月運行開始予定)用の70090型が運行を開始した。 車両の号車番号表記は、東京メトロの車両は中目黒方先頭車を1号車、東急の車両は北千住方先頭車を1号車としており、東武の車両は号車番号表記がなかったが、2011年時点では東京メトロの車両も北千住方先頭車を1号車としている。 自社車両 [ ]• 東武70090型 過去の車両 [ ]• (1961年3月28日 - 1994年7月23日)• 営団3000系の計画当初、ラインカラーの帯取り付けの検討がなされたが「1・2・3等など旧来の等級を感じさせるので好ましくない」との理事の指示により取り止めとなった。 (第09 - 28編成は編成の両端2両ずつが5扉車)(1988年7月1日 - 2020年2月28日 ) 過去の乗り入れ車両 [ ]• (1962年5月31日 - 1993年8月1日)• (1988年3月25日 - 2020年3月27日 )• (1997年3月25日 - 2018年3月7日 )• (1964年8月29日 - 1991年6月3日)• (1988年12月26日 - 2013年3月15日)• 平日朝7時30分から9時までの間にを発車する方面行きの全列車において実施されており、途中駅始発・終着列車も対象である。 線内で9時を過ぎた時点で女性専用車の扱いは解除となる。 始発の列車は、一番列車が9時過ぎに北千住駅到着となるため対象ではない。 また、かつて設定されていた直通列車は、中目黒駅到着後に女性専用車の実施を終了し、東横線内では実施されなかった。 東京地下鉄の駅構内にある出口階段は、車両の最前部または最後部に集中しており、これは他の東京地下鉄路線においても同様である。 特に日比谷線は、この前後車両に限って混雑が著しく増大し、列車遅延などの問題が生じたため、の一部との前後2両ずつを5扉車とした車両を導入したにも関わらず、その5扉車かつ最も混み合う車両を女性専用車とした。 このため朝ラッシュ時の増発が頻繁になされ、1968年の時点で毎時26本が運転されるようになった。 乗り入れ先の東武伊勢崎線でも、北千住駅のホームが日比谷線への乗換客で埋め尽くされる事態が頻発したこともあり、乗換客を減らす苦肉の策としてに浅草う回乗車制度が、に業平橋駅(現・)折り返し用10両対応の地平ホーム設置と押上駅への連絡通路設置に伴い押上う回乗車制度が導入された。 北千住駅の重層化工事がに完成したことを受け、これらの制度は同年に廃止された。 2007年度の一日平均通過人員は、入谷 - 上野間が381,878人で最も多い。 北千住方面は緩やかに減少するが、北千住 - 南千住間の一日平均通過人員は335,314人であり、北千住 - 秋葉原間の各駅は一日平均通過人員が33万人を上回っている。 中目黒方面も緩やかに減少し、八丁堀 - 築地間の一日平均通過人員は302,551人であるが、この区間を境にして一旦は通過人員が増加に転じ、東銀座 - 銀座間の一日平均通過人員は327,090人である。 その後は再度緩やかに減少して銀座 - 霞ヶ関間で一日平均通過人員が30万人を下回るが、霞ヶ関 - 神谷町間で303,895人に増加する。 その後は各駅で通過人員が大きく減少し、恵比寿 - 中目黒間が190,475人で最も少ない。 全線開業年度以降の輸送実績を下表に記す。 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。 駅番号はB線方向(中目黒から北千住の方向)に増加。 駅所在地はすべて内。 各駅停車は全駅に停車する(表中省略)。 下り(久喜行き)のTHライナーは全列車が霞ケ関駅 - 久喜駅間での運転となっている。 また、上り(恵比寿行き)のTHライナーは霞ケ関駅 - 恵比寿駅間がフリー乗降区間となっており、乗車券のみで利用することができる。 0 : TY03 地上 H-02 1. 0 1. 5 2. 7 4. 5 5. 5 6. 8 7. 2 8. 2 | 東京地下鉄: 千代田線 C-09 、 (:Y-18) 都営地下鉄: I-08 東日本旅客鉄道: 山手線・ (有楽町駅:JY 30・JK 25) H-09 (・前) 0. 4 8. 4 9. 0 | 都営地下鉄: A-11 H-11 (前) 0. 6 9. 6 | 東京地下鉄: 有楽町線(:Y-20) H-12 1. 0 10. 6 | 東日本旅客鉄道: JE 02 H-13 0. 5 11. 9 12. 0 | 都営地下鉄: 浅草線 A-14 東京地下鉄: (:Z-10) H-15 0. 6 12. 6 | H-16 0. 9 13. 0 14. 5 | 東京地下鉄: 銀座線(:G-15) 都営地下鉄: 大江戸線(:E-09) 東日本旅客鉄道: 山手線・ 京浜東北線(:JY 04・JK 29) H-18 0. 5 15. 2 16. 2 | H-20 1. 2 17. 4 | H-21 0. 8 18. 2 | 東日本旅客鉄道: 常磐線(快速) JJ 04 首都圏新都市鉄道:つくばエクスプレス TX04 地上区間 H-22 2. 1 20. 中目黒駅は他社接続の共同使用駅で、東急電鉄の管轄駅である。 秋葉原駅と岩本町駅は至近(約150)であり、都営新宿線と乗り換えが可能。 南千住駅は 乗り換え駅としては認められていない。 3社とも乗り換え案内は行っているが、連絡業務を行っていない(詳細はの項を参照)。 北千住駅は他社接続の共同使用駅で、東武鉄道の管轄駅である。 北千住駅から日比谷駅や霞ケ関駅へ向かう場合、茅場町駅・築地駅経由で遠回りとなる日比谷線よりも千代田線の方が所要時間が短い。 このため、東武伊勢崎線の乗客が北千住駅で日比谷線に乗車せずに千代田線に乗り換えるケースも多く、朝ラッシュ時の北千住駅千代田線ホームは大変な混雑となっている(詳細はの項を参照)。 東京メトロおよび乗り入れ各社では・などの交通系ICカードを利用することができるが、改札口を出ないルートで乗り継いだ場合でも最短最安運賃で算出される。 発車メロディ [ ] 東京メトロが2015年6月から9月にかけて、上において(発車サイン音)に使用する楽曲のリクエストを募集した結果、秋葉原駅のメロディとしての「」、銀座駅のメロディとしてとの「」がそれぞれ採用され 、秋葉原駅では2016年3月31日から、銀座駅では同年4月8日から使用を開始した。 そのほかの駅については、2020年2月7日から中目黒駅と北千住駅を除く全駅で使用を開始した(中目黒駅と北千住駅では引き続きブザーを使用)。 同時に、前述の秋葉原駅と銀座駅のメロディを新規に制作したバージョンに変更している。 メロディは全ての制作で、、、大和優子、の4名が作曲及び編曲を手掛けた。 駅名 曲名 導入年月日 A線(中目黒方面) B線(北千住方面) 中目黒 2:(降車専用ホームのためなし) 3:(ブザー) 恵比寿 1:アルテミス【福嶋】 2:Sparkling Road【大和】 2020年2月7日 広尾 1:昼下がりのテラス【塩塚】 2:希望の地へ【松澤】 六本木 1:セレンディピティ【福嶋】 2:patio【福嶋】 神谷町 1:昇って降りて【福嶋】 2:Lovely Morning【大和】 虎ノ門ヒルズ 1:輝く都市【福嶋】 2:夏雲【福嶋】 2020年6月6日 霞ケ関 3:明日への序章【塩塚】 4:今日も一日【福嶋】 2020年2月7日 日比谷 1:銀杏の下で【福嶋】 2:公園日和【福嶋】 銀座 5:銀座の恋の物語 verC【福嶋】 6:銀座の恋の物語 verD【福嶋】 2016年4月8日 東銀座 3:桃山【福嶋】 4:ノルスタジア【大和】 2020年2月7日 築地 1:オールマイティー【塩塚】 2:潮騒【福嶋】 八丁堀 1:黄金虫のワルツ【塩塚】 2:煌めき【大和】 茅場町 1:スピネル【塩塚】 2:キャノピー【福嶋】 人形町 1:そぞろ歩き【福嶋】 2:御伽草子【大和】 小伝馬町 1:いつもの店で【塩塚】 2:向こう岸【大和】 秋葉原 1:恋するフォーチュンクッキー verC【塩塚】 2:恋するフォーチュンクッキー verD【塩塚】 2016年3月31日 仲御徒町 1:アッシュグレイ【福嶋】 2:ゆれる袂【大和】 2020年2月7日 上野 1:Toy garden【大和】 2:さあ、行くよ!【福嶋】 入谷 1:銀箭【福嶋】 2:花びら【大和】 三ノ輪 1:タイムマシン【大和】 2:星まつり【福嶋】 南千住 1:桜の川堤【福嶋】 2:プリズム【福嶋】 北千住 6:(ブザー) 7:(ブザー) 5:(東武鉄道汎用発車メロディ) (車載メロディ) メトロの休日【福嶋】 七色の翼【福嶋】 不明• 上表の数字は各駅の番線、【】内は作曲者(銀座駅と秋葉原駅は編曲者)を表す。 今後の予定 [ ] 20m級4ドア車両への統一計画については「」を参照 新駅設置 [ ] 東京都は、に開催予定のまでに霞ケ関駅と神谷町駅の間の虎ノ門地区に新駅を設置する構想をに東京都長期ビジョン(仮称)の中間報告にて発表した。 付近に設置され、地下歩行者ネットワークにて虎ノ門ヒルズと隣接して設けられるバスターミナルや、銀座線とつながる構想となっている。 同年10月14日には、が新駅整備事業の実施主体となり、東京地下鉄が設計・工事を受託し、供用開始後の運営管理を行うことになった旨の発表がされている。 2016年2月8日に 虎ノ門新駅(仮称)の起工式が行われ 、2020年6月6日暫定供用開始 、2022年度完成を見込んでいる。 2018年12月5日に、駅名を とすることが発表され 、2020年6月6日に営業を開始した。 改装工事 [ ] 広尾駅と上野駅でバリアフリー対応工事、茅場町駅で混雑緩和工事を行う。 新型行先案内表示導入 [ ] 全駅に新型行先案内表示装置を導入し、液晶ディスプレイを用いてフルカラーで表示する。 新たに行先駅にナンバリングを表示する。 東武線直通列車の速達化および有料着席サービスの開始 [ ] 東武鉄道は、『東武グループ中期経営計画2017〜2020』の中で、「日比谷線直通列車速達性向上の検討」を挙げている。 また、2019年3月26日には東武線・東京メトロ日比谷線直通列車における有料着席サービスを2020年度より導入することを発表。 同年12月19日に上述の2020年6月6日の虎ノ門ヒルズ駅暫定開業に合わせて、「 THライナー」の名称で運行を開始することが発表されている。 無線式列車制御システムCBTC導入 [ ] 無線式列車制御システムであるの当線への導入を2023年度に実施する予定である。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 日比谷線とほぼ同時期に建設され、押上駅 - 新橋駅間で開業していたは同年、新橋駅 - 大門駅間を開通させたのみで全線開通がオリンピックに間に合わず、開催期間中は工事が休止された。 ただし、日比谷線の車両の分解・検査業務は、2004年からが担当している。 そのため、中目黒駅から東急東横線・目黒線・大井町線を経由し、田園都市線鷺沼駅まで列車を回送する運用は存続している。 第1回の運転時は「横浜みらい号」と称した• ただし、東横線と日比谷線の直通に際し製造された7000系は、車体幅2,800mm規格で製造されたことから、東急全線での標準車両として運用できる仕様ではなく、大井町線・池上線等に入線できなかった。 このため東横線以外の各線向けに、車体幅を2,744mm(地方鉄道定規)とした7200系が別に製造されたが、後年7000系もこれらの路線に入線が可能となっており、田園都市線溝の口以南の開業記念列車に7000系が使用されていたことが写真および動画に映像として残っている。 碑文谷工場で再生されたいわゆる「戦災復興電車」やなど20m車が試運転ながら走行した実績があった。 1000系は製造当初は日比谷線乗り入れ専用としての位置付けであったが、後年は目蒲線(当時)との共通編成の登場や池上線への新製配置があり、最終的には専用形式ではなくなった。 また、東横線に配置されていた編成の一部は日比谷線への乗り入れ終了後に池上線・多摩川線用に改造転用されている。 東西線がまで開通してと接続された1966年から東西線のが稼動を開始した1968年まで国鉄で中野駅 - 北千住駅間を回送してでが行われたため。 当初は同年6月より営業運転を開始する予定と発表されたが、7月7日に延期となった。 当初は塩塚が編曲した3秒程度の短いバージョンを使用していたが、2020年2月7日に、福嶋が編曲した7秒程度の長いバージョンに変更された。 当初は福嶋が編曲した3秒程度の短いバージョンを使用していたが、2020年2月7日に、塩塚が編曲した7秒程度の長いバージョンに変更された。 出典 [ ]• 東京地下鉄. 2016年3月26日閲覧。 東京地下鉄. 2 2020年6月2日. 2020年7月9日時点のよりアーカイブ。 2020年7月9日閲覧。 「東京地下鉄道日比谷線建設史」(帝都高速度交通営団、1969年)付属地図など。 日本語 プレスリリース , 営団地下鉄, 2000年3月17日 , の2000年5月10日時点におけるアーカイブ。 , 2020年5月2日閲覧。 日本語 プレスリリース , 営団地下鉄, 2003年10月9日 , の2004年6月6日時点におけるアーカイブ。 , 2020年5月1日閲覧。 「鉄道記録帳2003年10月」『RAIL FAN』第51巻第1号、鉄道友の会、2004年1月1日、 19頁。 日本語 プレスリリース , 営団地下鉄, 2004年1月27日 , の2006年7月8日時点におけるアーカイブ。 , 2020年5月1日閲覧。 , 2020年5月30日閲覧。 , 2020年5月1日閲覧。 , 2020年5月1日閲覧。 , 2020年4月30日閲覧。 , 2020年5月1日閲覧。 , 2020年5月1日閲覧。 , 2020年5月1日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 東京地下鉄, 2017年3月15日 , の2017年8月6日時点におけるアーカイブ。 , 2020年5月1日閲覧。 , 2020年5月1日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 東京地下鉄, 2018年1月24日 , の2018年2月2日時点におけるアーカイブ。 , 2020年5月1日閲覧。 , 2020年3月7日閲覧。 乗りものニュース. 2020年3月3日. の2020年3月3日時点におけるアーカイブ。 2020年3月3日閲覧。 AERA 2020年4月21日. 2020年4月21日時点のよりアーカイブ。 2020年4月21日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 独立行政法人都市再生機構/東京地下鉄, 2020年6月2日 , の2020年6月6日時点におけるアーカイブ。 , 2020年6月8日閲覧。 , 2019年11月11日閲覧。 , 2020年5月14日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 東京地下鉄, 2020年5月11日 , の2020年5月28日時点におけるアーカイブ。 , 2020年5月30日閲覧。 , 2020年1月25日閲覧。 帝都高速度交通営団「東京地下鉄道東西線建設史」699頁 - 770頁記事。 なお、当時の北千住駅は改良工事前の地上駅である。 鉄道図書刊行会「鉄道ピクトリアル」1987年12月臨時増刊号「帝都高速度交通営団」特集内162頁記事。 日本語 プレスリリース , 近畿車輛, 2014年11月6日 , の2020年3月22日時点におけるアーカイブ。 , 2020年6月2日閲覧。 日本語 プレスリリース , 近畿車輛, 2015年6月17日 , の2020年3月22日時点におけるアーカイブ。 , 2020年6月2日閲覧。 2017年4月13日. の2017年4月13日時点におけるアーカイブ。 2017年4月27日閲覧。 鉄道ファン・railf. jp 鉄道ニュース. 交友社. 2020年3月22日閲覧。 - 東京地下鉄公式サイト• 「鉄道ピクトリアル」2007年10月号• - DIME 2018年5月27日• - 東京メトロ 2016年7月8日閲覧• 国土交通省. 3 2019年7月18日. 2019年8月15日閲覧。 関東交通広告協議会. 2017年9月23日閲覧。 「都市交通年報」各年度版• 神奈川県 1987年9月. 2015年1月13日時点のよりアーカイブ。 2015年5月10日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 東京地下鉄, 2016年1月20日 , の2019年12月27日時点におけるアーカイブ。 , 2020年5月1日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 東京地下鉄, 2016年3月22日 , の2019年12月27日時点におけるアーカイブ。 , 2020年5月1日閲覧。 株式会社スイッチオフィシャルサイト. 株式会社スイッチ. 2019年7月13日閲覧。 株式会社スイッチオフィシャルサイト. 株式会社スイッチ 2020年2月7日. 2020年2月7日閲覧。 株式会社スイッチオフィシャルサイト. 株式会社スイッチ. 2020年5月15日閲覧。 PDF プレスリリース , 東京都政策企画局, 2014年9月12日 , 2014年9月12日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 独立行政法人都市再生機構/東京地下鉄, 2014年10月14日 , の2019年6月10日時点におけるアーカイブ。 , 2020年5月1日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 独立行政法人都市再生機構/東京地下鉄, 2016年2月8日 , の2019年5月26日時点におけるアーカイブ。 , 2020年5月1日閲覧。 交通新聞社. 2016年2月15日• 日本語 PDF プレスリリース , 東京地下鉄, 2018年12月15日 , の2019年7月25日時点におけるアーカイブ。 , 2020年5月1日閲覧。 - 東武鉄道 2017年4月29日• 日本語 PDF プレスリリース , 東武鉄道/東京地下鉄, 2019年3月26日 , の2019年3月30日時点におけるアーカイブ。 , 2020年5月30日閲覧。 18 参考文献 [ ]• 『』2004年9月号 特集:東京メトロ()• 『私鉄電車ビジュアルガイド 東武鉄道』(編者・著者 東武鉄道研究会、出版・発行:中央書院 2003年)• 『MY LINE 東京時刻表』各号()• 『』2016年11月号 03系の置換えを目的に平成28年から導入開始 東京地下鉄13000系()• 『』2017年1月号 平成28年度中に営業運転を開始する日比谷線向け車両 東京地下鉄13000系() 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - メトロアーカイブアルバム(公益財団法人メトロ文化財団)• 帝都高速度交通営団「」 - メトロアーカイブアルバム(公益財団法人メトロ文化財団) ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の