生まれ変わり 実話。 輪廻転生が証明される実話と前世の記憶と意味

前世の記憶がある人の特徴12選!実話とともに紹介!思い出す方法も

生まれ変わり 実話

スピリチュアルが浸透している今だからこそ、前世や来世、現世との関係を疑問に思い興味を持つようになった人も少なくありません。 訪れたことがない国でも、旅行のパンフレットやSNSなどで目に触れる機会はとても多くなりました。 そんな写真などからの情報により、何となく懐かしさを覚えることがあります。 実際訪れると、心が落ち着く感覚になる場合もあります。 このような感覚は、前世でいた場所の可能性があります。 私たちは、少なからず苦手意識を持つことがあります。 特別なきっかけがあったわけではなく、前世からの因縁があり苦手意識を持っていることもあります。 生まれ変わりがあるか、ないのか?という問いかけには多くの専門家が口を揃えて言いますが生まれ変わりは実際にあるといいます。 もちろん、ひとつの考え方に過ぎないので信じるか信じないかは、受け取る側次第だという事です。 ズバリ、カルマの法則です。 カルマとは、今世での課題のこといいますが、宿題や使命などという言葉で表現される人もいます。 イメージは、階段のようなものがあり誰もが頂上を目指すのが魂の世界の話です。 魂の成長に合わせて階層が異なり、人間界のような学年のようなものですが、他の学年を見ることも知ることもないので、比べることがないからそれはそれで幸せを感じています。 その階層には、さまざまな試練がありそれをクリアするとステージアップします。 試練を乗り越え、さまざまな経験を積むことで魂が磨かれます。 ゲームでいうとレベルアップのようなもので、レベルを上げるために人間界で魂を磨くのです。 魂の成長においては飛び級があります。 レベルは必ず一段ずつあがるものではなく、優秀な人はどんどん上昇します。 私たちは、魂を成長させ磨くために、生まれ変わるのです。 つまり、カルマを解消するために人は生まれ変わるという法則があります。 死後どのくらいのサイクルで人は生まれ変わるのか?という疑問に、子供の周期は短いという説があり約4年5か月というサイクルがあるといわれています。 しかし、もう一方では100年単位で生まれ変わると言われており、平均300年~500年という説もあります。 高次元の人ほどあの世にいる期間が長く、あの世の指導霊からそろそろ、人間界へ行きなさいと言われて人間界にくるケースもあります。 人間界には時間の概念であって、時間で人々が動き約束をし、判断をします。 ところが、あの世の時間の流れ方は違い、月日の経過の仕方も異なるようです。 人間界で300年という月日はあの世では数か月と言われています。 つまり、生まれ変わりの年月は人それぞれで、回数や生まれ変わるまでの期間はその人の魂の磨かれ方によりさまざまです。 ダーウィンの進化論の法則にもあるように、人間は人間にしか生まれ変わりません。 動物の死後と人間の死後は別の場所に向かい、同じ世界に行くことはないからです。 ですが、二度と会えなくなるわけではありません。 生まれ変わった時代で、必要があるときに必ず巡り合うことができます。 人間が生まれ変わるのは、魂を磨くために生まれ変わります。 何度もいいますが動物は動物として生まれ、人間は人間として生まれ変わります。 動物を愛するのは自由ですが、動物を子ども扱いして育てる方もいます。 大事に育てるのは悪いことはでありませんが、どんなに大事に育てても、来世で可愛がっていた動物が人間になることはありません。 人は人として生まれ変わり、犬や猫に生まれ変わるということはありません。 フランスのとある修道院で生まれ過ごしていた女の子がいます。 閉鎖された空間の中で男性との接触はなく、限られた女性とだけのコミュニティで過ごした前世を持つ女性の話です。 もちろん、前世では男性と付き合うどころか修道院の外へ出ることを許されずに過ごしていたことで、生まれ変わったら子どもが欲しいと願っていたそうです。 彼女は、現世で前世の願いを叶えましたが、男性との接触は不慣れなもので、無意識に自分の気持ちを抑え込むことが癖になっていることが原因のひとつで、旦那さんとは離婚しましたが、離婚後は子供の父親と母親としてベストな関係でいるようです。 さらに、離婚後は女性としての楽しみを覚え、子どもがいないときは、女性としての喜びを実感しているという話があります。 パトリックにはケビンという兄がいたが、パトリックが産まれる12年前に神経芽細胞腫で亡くなっています。 ケビンの癌は足を引きずるように歩き始めたことが原因で病気が分かったそうです。 その後、骨折で苦しみ、頭蓋骨にあった小さなコブの検査も行われました。 化学療法を行ったものの、2歳で死亡し、左目は失明していました。 パトリックは生まれた時から体に3つの特徴があり、それは亡くなった兄の傷と全く一緒。 パトリックは歩き始めるとすぐに、足を引きずるようになり、病院に行ったが何も問題は見つからなかったそうです。 それから、月日が経ちパトリックが4歳半になると、「前の家に戻りたい」と母親に言い出すようになりました。 パトリックはその家のことを詳細に覚えており、亡くなった兄の手術についても話すようになったそうです。 しかし、引っ越したのはパトリックが生まれる前のことで、ケビンの手術のことをパトリックに話した人は誰もいなかったので、パトリックはケビンの生まれ変わりのようです。 インドのアルナ・ミアナに住む6歳の少年、タラニジ・シングは、2歳の頃から、自分の事をアルナ・ミアナから離れた村に住む「サトゥナム・シング」だと話していたそうです。 彼の記憶は実に鮮明で、前世の父親の名前や、当時自分は16歳で、スクーターにはねられて、1992年9月10日に亡くなった事も覚えていたそうです。 タラニジの話があまりにも不思議なので、彼の父親が調査を行ったところ、「サトゥナム・シング」という男子学生が実際に存在していたことが判明しました。 それは当時の彼の教師からの情報ですが、事故原因も、財布に残されたルピーの金額も全て一致しており、二つの家族が初対面した時、タラニジはサトゥナムの写真に直ぐに反応したそうです。 さらに、法医学者ヴィクラム・ラージュ・チャウハンはタラニジの話を新聞で知り、強い興味を示しました。 筆跡鑑定を行ったところ、タラニジとサトゥナムの筆跡は完全に一致したことでも有名な生まれ変わりの話です。 現世でいう、児童養護施設のようなところで多くの子どもたちの成長のために懸命に働いていた女性がいました。 身寄りのない子どもたちの世話をしながら、自分の子どもを養育し肝っ玉母ちゃんのように子供たちに愛され充実した日々を送っていたようですが、子どもたちをサポートするばかりで夫婦の関係は冷え切っていた女性が、現世では夫婦の時間を大事にするために生まれ変わった人がいます。 現世では、子どもに恵まれず子作りはしたもののご縁がなく、悩んでいたそうです。 前世を視てもらう機会があり、子どもに恵まれないことを相談したところ、前世で多くの子どもを育ててきたこと、現世では夫との時間を大事にするために生まれ変わった事を知ったという話があります。

次の

前世の記憶を語る勝五郎の転生事件。江戸時代にあった生まれ変わりの実話

生まれ変わり 実話

瞑想はさまざまな方法がありますが、ここでは誰でも実践できるヨガの「シャバーサナ」をご紹介しましょう。 シャバーサナは就寝前に行うのがおすすめです。 床あるいはベッド等で仰向けの状態になる• 両足は肩幅程度に開き、手のひらは上に向ける• 体全体の力を抜き、腹式呼吸を行う• 腹式呼吸が自然に感じられるようになるまでリラックスする• 深いリラックス状態になったら少しずつ体や感覚の意識を取り戻す• 両手を頭上に挙げて、さらに全身を伸ばす• 腕を下ろして膝を立て、両手で体を起こす• 意識がハッキリするまで、リラックスできる姿勢で待つ シャバーサナなどの瞑想中に見えた光景・物があれば、瞑想後にメモを取るようにしましょう。 後で振り返った時に何らかの気づきが得られるかもしれません。

次の

【衝撃】前世で殺された男性が生まれ変わって殺人事件を解決 / 幼児「私はあなたに殺された」 | バズプラスニュース

生まれ変わり 実話

客観的に証明することはできないが、生まれ変わり現象を示唆する多くの事例が報告されている……。 トカナでも度々報じているが、最新の科学研究では「死んだ後、量子情報が宇宙に放出され、その上方の一部が誰かの肉体に張り付くことで、前世の記憶をもつ人間が生まれてくる」という仮説を唱える学者もいる。 また、オーストラリアの先住民・アボリジニの神話からヒンズー教の精緻な教義に至るまで、古代より世界各地において人間は死後に魂が違う領域へと向かった後に再び肉体を得て戻ってくる、という考え方や信仰が多く見受けられる。 死は絶対的なものではなく、魂がその後生まれ変わることを想定したこれらの死生観を完全否定することは、まず人情として難しいのではないだろうか。 輪廻転生を解き明かすことはできないが、以下に挙げる5つの事例は生まれ変わりによくみられる現象だという。 信じるか信じないかはともかくとして、死の先を考えるとっかかりとして読んでほしい。 画像は「」より 1. デジャヴ(既視感) 少なくない人々が経験している最も不思議で奇妙な体験のひとつだろう。 一度も訪れたことのないはずの場所や景色、もしくは会ったことのない人物を知っていると感じたり、懐かしく感じたりすることだ。 科学的には脳の神経回路の誤作動や記憶の食い違い、錯覚によるものなど諸説あるが、それも万人に当てはまるものではなく、いまだ謎が多い。 デジャヴは前世の自分の思い出、あるいは体験なのかもしれない。 夢 自分が今とはまったく異なる人生を送っているという、ハッとするほど鮮やかな夢を見ることはないだろうか。 夢がリアルすぎて目覚めた時には一瞬自分が今どこにいるのかわからず、何者なのかを把握するのにしばし時間がかかるくらいの……。 我々の潜在意識というのは不思議で、幼少期の体験がふとした際にフラッシュバックすることもあるが、ひょっとするとさらにさかのぼって生まれ変わる前の自分の体験が夢に出てくるとしたならば……。 これまで経験したことのないはずの行動やシチュエーションが出てくる同じ夢を繰り返し見ることがあれば、可能性はさらに高くなるだろう。

次の